名作PK71で作るミニマムな空間|20世紀に刻まれた引き算の美学

    シンプルでミニマムな形が美しいサイドテーブルの「PK71」。

    極限まで無駄を削ぎ落とした軽やかなデザインは、控えめでありながらも確かな存在感を放ち、見る者を圧倒する家具として世界中から注目を集めています。

    この記事ではPK71の魅力や特徴を紹介します。

    PK71とは?

    PK71のある空間

    PK71は1957年にデンマークの家具デザイナー「ポール・ケアホルム」によってデザインされた3点セットのサイドテーブルです。

    同じくデンマークの家具ブランド「フリッツ・ハンセン」より販売され、構造美を際立たせたデザインは世界中で高く評価されました。

    ほかに類を見ない独自のミニマムセンスは、現在でも色褪せないタイムレスな美しさを誇ります。

    また素材は天板にアクリル、フレームにステンレススチールを採用しています。

    メタリックでスマートな佇まいが特徴です。配色もフォルムも引き算を極めた美しさで仕上げられていて、室内にインパクトのあるモダンな印象を与えます。

    さらに主張が控えめのため、さまざまな家具やインテリアの引き立て役として活躍するのも大きな魅力。

    個性的なデザインのソファやチェアなどと組み合わせれば、室内にまとまりのある雰囲気を演出できます。

    どこから見ても美しい正方形のフォルム

    PK71のある空間

    PK71は上部、側面、どこから見てもバランスの良い正方形フォルムになっています。

    均整の取れた美しさがあり、室内に心地よい安定感を与えるでしょう。

    どんなスペースに設置しても、3点揃ったクリエイティブな佇まいは空間をまとめ上げます。

    室内をおしゃれでミニマムに統一したい場合におすすめです。

    さらに正方形フォルムは、多様な形状の家具と合わせやすいのも大きな魅力。スペースに余裕がない部屋でも圧迫感を作らず自然と馴染みます。

    思いついた場所へ気軽に配置できるため、サイドテーブルとしての機能性も抜群です。

    3つのサイズ展開でコーディネートの幅が広がる

    PK71のある空間

    3点セットになっているPK71は、それぞれが15mmずつサイズ違いになっているため、入れ子形式で収納できるのも嬉しいポイントです。

    3点とも重ねればコンパクトなサイドテーブル1つ分にまとめられるため、物置に収納するときやPK71を1点で使用したい場合にも対応できます。

    また多様な家具やインテリアの大きさに合わせて、サイズ感を絶妙に変えられるのも特徴です。

    繊細な違いではありますが、サイズ感による印象は大きく変わるためコーディネートの幅が広がります。

    とくにPK20やPK22などの座面が比較的低いラウンジチェアのサイドテーブルに最適です。

    最も小さなサイズは高さ約25cmと小ぶり。

    適度なチープ感があるため、重厚な雰囲気になりすぎる大型家具と組み合わせれば、空間に心地よいカジュアルさが生まれます。

    お好みで選べる2色展開

    PK71のある空間

    PK71は天板の色が「ホワイト」と「ブラック」の2色で展開されています。

    存在感が柔らかくどこか境目が抽象的なホワイトは、北欧らしいマイルドなモダンさで空間をスタイリッシュに演出するでしょう。

    シンプルな構造もあいまって、清潔感のあるコーディネートに組み合わせられます。

    一方でブラックは、シックで落ち着きのある佇まいが特徴です。室内に程良い高級感を与えるため、ラグジュアリーなテイストでインテリアをまとめたい場合におすすめします。

    ハッキリとした直線を効果的に取り入れられるデザインのため、寒色系のインテリアやシャープなフォルムの家具とよく馴染むでしょう。

    「MoMA」にパーマネントコレクションされたPK71

    MoMA(ニューヨーク近代美術館)は、アート作品をはじめとする幅広い美的価値のあるものを収蔵していることで有名な美術館です。

    そんなMoMAは絵画や彫刻以外にも多くのプロダクトデザインもコレクションしています。

    一般的な美術館と違い、形態にとらわれない幅広いデザインを評価し続け、多岐にわたる世界のデザイナーやアーティストに影響を与えている存在です。

    そんなMoMAのコレクションに、PK71もパーマネントコレクション(永久収蔵品)として選定されています。

    流行にとらわれないタイムレスな美しさを実現した佇まいと、デザイン史に残る引き算の美学が重要視され、この名誉を得ました。

    今後のデザインの進化にも大きな影響を与えるデザイン家具として認められたと言っても過言ではありません。

    PK71の導入事例を紹介

    ここからはPK71ととくに相性の良いコーディネート例を紹介してきます。

    PK71と木製家具

    PK71のある空間

    シンプルさを極めたPK71はモダンな雰囲気がありますが、意外にもその風通しの良いデザインはナチュラルな雰囲気をもつ木製家具とマッチします。

    たとえば木製ベンチや木製パーツを使用したソファーなどと組み合わせるのがおすすめです。

    PK71とメタリック家具

    PK71のある空間

    サテン仕上げのステンレススチールを使用しているPK71は、金属らしいクールな雰囲気を持っています。

    そこで似たような印象のメタリック家具と組み合わせてみてください。

    空間に統一感とモダンなおしゃれさを演出できるでしょう。

    生活感を感じさせない淡白さを演出したい場合にぴったりです。

    PK71と北欧家具

    PK71のある空間

    デンマーク人デザイナーのケアホルムによって設計されたPK71は、そのほかの北欧家具とも自然と馴染みます。

    とくに圧迫感のないデザインは、個性的な形状や色合いを採用している北欧家具と相性抜群です。

    おしゃれな引き立て役として活躍してくれるでしょう。

    汎用性の高いPK71でスタイリッシュな北欧空間を楽しもう

    PK71のある空間

    今回はミニマムな美しさを追求したサイドテーブル、PK71を紹介しました。

    ほかに類を見ないほど簡潔でスッキリとしたデザインは、世界中のミニマムデザイン好きに高く評価されています。

    さらにサイズ感もコンパクトで手軽に配置・移動できるため、使用感も抜群です。

    汎用性が非常に高いので、さまざまな家具と合わせて北欧の雰囲気を楽しんでみてください。

      ABOUT US

      KJ設計士
      自然を愛する設計士。光や風、植栽を上手に取り入れる洗練させた空間提案が得意。実は一年中海に通うサーファーでもある。一見強面だが実は猫が好き。今日もお客様の喜ぶ顔を思い浮かべ、ペンを走らせる。