シンプルなSOBORGで作るスマート空間|魅力と導入事例を紹介

    コンパクトかつシンプルなデザインの「SOBORG Chair(ソボーチェア)」は、丸みを帯びた角と優しいラインが魅力です。

    ウッドベース仕様で作られたSOBORGはオーク材のナチュラルで美しい木目が際立ち、優しく空間と馴染むでしょう。

    そのため自宅のダイニングスペースやワークスペース、カフェ、オフィスなどさまざまなシーンで使用されています。

    この記事では、SOBORGの魅力と導入事例をわかりやすく紹介します。

    SOBORGとは?

    SOBORG

    「SOBORG」はシンプルなデザインが目を引くスマートなチェアです。

    2014年にデザイナーである「ボーエ・モーエンセン」の生誕100周年を記念して復刻されました。

    デンマークの北欧家具メーカー「フレデリシア」から販売されています。

    美しいオーク材の木目を全面に活かしたデザインのSOBORGは、ナチュラルで優しい雰囲気を作り出す点が大きな魅力。

    モーエンセンの作品のなかでも空間演出に長けている作品のため、デンマークをはじめ世界中の自宅やパブリックスペースで使用されています。

    機械を使って製造できる椅子を依頼されたモーエンセン

    1950年代に「機械を使用して製造できる椅子」のデザインを任されたモーエンセン。

    彼はお気に入りのオーク材を使い、身体にゆったりと馴染むようにデザインしたSOBORGを誕生させたのです。

    モーエンセンの機能主義的な思考から生み出されたシンプルな構造のSOBORG。

    新しい製造技術の発展により、今や機械を使用して工業的に製造され、世界中から愛される作品となりました。

    緩やかなカーブを描いた座面と背面

    SOBORG

    SOBORGの特徴でもある緩やかなカーブを描いた座面と背面は、身体を優しく包み込むようにデザインされています。

    またほどよい曲線のある構造には、身体にかかる負担を減らす効果も期待されています。

    長時間座っていても苦痛にならないように考えられたデザインは、モーエンセンの家具職人としてのこだわりと愛情を感じられるでしょう。

    さらに角のない丸みを帯びたフォルムは、部屋全体に柔らかな印象を与えてくれます。

    木の温もりと合板のコラボレーション

    SOBORGの素材には、耐久性や耐水性に優れたオーク材と、ゆがみの出にくい成形合板を組み合わせています。

    成形合板を用いることで、しっかりした強度がありながらもカーブを描いた繊細なデザインを実現しているのです。

    またこの2つの素材のコラボレーションにより、チェアとしての機能性が向上したことはもちろん、さらに木のぬくもりを楽しめる作品となりました。

    部屋に合わせて選べるカラー展開

    SOBORGは部屋に合わせて「オーク」「ブラック」「ウォルナット」の3種類のカラー展開から選べます。

    さらにオークに関しては、2種類の仕上がりが選択可能です。

    たとえば「オークラッカー仕上げ」は傷や汚れがつきにくい素材のため、安心して使用したい人に適しています。

    一方で「オークオイル仕上げ」は木材らしい質感を残してくれることから、ナチュラルな仕上がりを楽しみたい人におすすめです。

    部屋の雰囲気や好みに合わせてお気に入りの一脚を見つけましょう。

    スタイリッシュな「SOBORG メタルベース アームチェア」

    アームがついたメタルベース仕様の「SOBORG メタルベース アームチェア」は、木材のぬくもりを残しながら、高級感を覚えるスタイリッシュな佇まいが魅力です。

    体重の約16%を占めるといわれる腕をもたれさせるアームは、体圧分散や肩の負担軽減といった嬉しい効果が期待できます。

    このため長時間座って作業をする書斎やワークスペースにピッタリといえるでしょう。

    スティールはブラックかクロムメッキの2種類からお選びいただけます。

    SOBORGの導入事例を紹介

    ここではSOBORGの導入事例を5つ紹介します。

    シンプルなデザインだからこそさまざまなシーンに導入して楽しめるSOBORG。

    とはいえ、うまくコーディネートできない場合はSOBORGの印象が薄れてしまう可能性もありますので、より魅力的に楽しめるコーディネートをぜひ試してみてください。

    人が集まるダイニングのチェアに

    SOBORGがある空間

    SOBORGはダイニングチェアとして活用するとスッキリまとまるでしょう。

    家族や来客が多い家庭では、ダイニングチェアがたくさんあると窮屈さを感じてしまいがちです。

    しかしコンパクトなフォルムが魅力のSOBORGなら圧迫感を感じません。

    シンプル過ぎる空間が味気なく感じてしまう場合には、木製家具と相性のいいお花や観葉植物を飾るのも一つの方法です。

    メタルベースアームチェアはシックなワークスペースに最適

    SOBORGがある空間

    スタイリッシュなメタルベースアームチェアはワークスペースにピッタリです。

    ブラックまたはクロムメッキのスティールは、乱雑になりがちなワークスペースをシックにまとめてくれるでしょう。

    さらにアームがついていることで、長時間におよぶ着席作業でも身体の負担を軽減してくれます。

    SOBORGのシンプルな構造と座り心地はそのままに、ワークスペースに最適な機能性を兼ね揃えたメタルベースアームチェアをぜひ活用してみましょう。

    コーヒーテーブルと合わせて北欧カフェのようなくつろぎスペースに

    シンプルで小ぶりなコーヒーテーブルと合わせてコーディネートすると、まるで北欧カフェのような空間を演出できるでしょう。

    またダイニングルームと空間を分けてくつろぐためのカフェスペースを用意すると、自宅にいながらも気分転換ができたりリフレッシュ効果を感じられたりと非日常を味わえます。

    SOBORGはコンパクトなデザインなので狭い空間でも活躍するでしょう。

    レストランや商業施設などのパブリックスペースにも

    軽量ながらもしっかりした強度をもつSOBORGは、さまざまな人が利用するレストランや商業施設などのパブリックスペースにも適しています。

    配置するとき、オークのSOBORGと同系色のテーブルや明るい照明と組み合わせましょう。

    パッと華やかな印象となり、気軽に利用したくなるような親近感の沸く空間に仕上がります。

    おしゃれなフリーアドレススペースでの利用も

    働き方改革の一環として、固定の席を作らない「フリーアドレススペース」を取り入れたい企業も多いでしょう。

    社員同士、または取引先とのコミュニケーションを円滑にするためにも、おしゃれで高品質な環境作りは大切です。

    SOBORGはシンプルながらも細部にこだわりを感じさせるデザインと座り心地の良さが魅力のため、社員やお客さまのモチベーションが上がるようなおしゃれな雰囲気を作れます。

    シンプルさを極めたSOBORGでスマートな部屋に仕上げよう

    今回はSOBORGの魅力と導入事例を紹介しました。

    シンプルさを極めたデザインと、優しい曲線に包まれるような座り心地が特徴的なSOBORG。

    ダイニングルームやワークスペースをはじめ、日常のあらゆるシーンで活躍できる作品といえます。

    ぜひモーエンセンのこだわりが詰まったSOBORGでスマートな部屋を楽しんでください。

      ABOUT US
      だんご家具販売スタッフ
      雑貨と家具に興味があり、日々大好きなものに囲まれながら仕事しています。話すこと、食べることも大好きなので、接客の際に商品提案のお話だけでなく、お客様から美味しいお店の情報を仕入れることも大切にしています。