リプロダクトってどんなもの?名作家具が欲しいなら知っておくべき問題点

    近頃インターネットを中心に出回っている「リプロダクト品」をご存じでしょうか?

    リプロダクト品は名作家具に似せた模倣品です。

    本家のデザインと大きな違いは無いため、リーズナブルな価格に惹かれて購入する人は少なくありません。

    けれど多くのデメリットがあるのも事実です。

    この記事では、リプロダクト品の特徴や問題点について、詳しく解説します。

    北欧家具の購入を考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。

    最近ネットでよく見かけるリプロダクト品とは?

    「リプロダクト品」とは、名作家具を真似て作られた製品です。

    「ジェネリック製品」とも呼ばれており、ここ最近インターネットを中心に見かける機会が増えました。

    正規品の場合は正規のメーカーが製造と販売をおこないますが、リプロダクト品は非正規メーカーが売りだしています。

    「意匠権の期限が切れているため問題ない」と記載している会社がほとんどです。しかし実際には多くの問題点が存在します。

    リプロダクト品とコピー品の違い

    リプロダクト品と似た言葉に「コピー品」があります。

    意匠権の期限がまだ切れていない製品を複製したものがコピー品です。

    一方リプロダクト品は、登録された意匠権の期限が切れた製品を復刻生産しています。

    リプロダクト品における5つの問題点

    名作家具と、ほぼ同じデザインの製品を安く買えるのが魅力のリプロダクト品。

    購入する側からすると良いことばかりに思えますが、さまざまなデメリットがあります。

    ここからは、具体的な問題点を5つ解説します。

    問題点1:本家より品質や耐久性が低い

    リプロダクト品は本家に比べて品質や耐久性が低い場合が、ほとんどです。

    製造するときに掛かるコストを抑えるため、加工法や素材を変えています。

    正規品には設計書があり、ブランドの価値を守るため、確かな品質が保証されています。

    正規メーカーで購入すると保証期間5年が多いのに対し、模倣品は店舗によってバラバラです。

    保証できるとしても短期間がほとんどですし、修理できない場合もあります。

    本家と完全に同じクオリティを求めるのなら、リプロダクト品は避けたほうが無難です。

    問題点2:意匠権の落とし穴

    リプロダクト品を販売しているメーカーのなかには「意匠権が切れた製品を、オリジナルデザインをもとに忠実に復刻生産した製品」などと記載している場合が、よくあります。

    「意匠権」とは、デザインに対する権利のこと。

    日本では申請後、登録されてから20年間は有効です。

    海外でデザインされた製品は、そもそも意匠登録していないケースも珍しくありません。

    かといって「登録されていないから、真似してもいい」と判断するのは、倫理的にどうなのでしょう。

    無断で模倣品を販売して良い理由には、なりません。

    問題点3:商標権を侵害にあたる

    リプロダクト品は、商標権の侵害にあたります。

    正規メーカーが商標を持っているのにもかかわらず、無断で製品名や説明に作品を使っているためです。

    意匠権と商標権は別もの。

    たとえ意匠登録されていなかったり、期限が切れていたりしても商標権が存在していれば、違法にあたります。

    問題点4:作品自体の価値が下がる

    粗悪なリプロダクト品の普及は、オリジナルデザインへの価値の低下にもつながります。

    たとえば「イームズチェアを買ったけれど、すぐに壊れてしまった」とネット上に書き込みがあったら作品に対して、あまり良いイメージはもてないでしょう。

    けれど実際は、リプロダクト品についての口コミだったというケースは多々あります。

    そもそも本家の作品は簡単に壊れませんし、破損したとしてもアフターケアがしっかりしています。

    デザイナーが試行錯誤して作りあげた、名作家具の価値を守るためにも、購入する側が正規品と模倣品の違いを理解し、良いものを長く使うことが大切です。

    問題点5:デザイナーとの信頼関係がない

    名作家具の販売は、デザイナーとメーカーとの信頼関係の上に成り立っています。

    けれどリプロダクト品は違います。

    一般的にデザイナーが手掛けた家具を売るときには、ロイヤリティーの支払いが必要です。

    ロイヤリティーとは作品に対する報酬のこと。

    デザイナーが亡くなった場合は、遺族に引き継がれるルールになっています。

    しかしリプロダクト品は、デザイナーまたは遺族の意思を確認せずに販売されているのです。

    Yチェアにリプロダクト品がない理由

    本物のCH24

    ハンス J. ウェグナーが手掛けた北欧家具の傑作「Yチェア」においては、リプロダクト品やコピー品は出ていません。

    以前リプロダクト品が販売されていたときメーカー側が訴え、2011年に立体商標を認めさせたのです。

    Yチェアの例は稀であり「Yチェア立体商標登録事件」と呼ばれるほどでした。


    そのくらい家具の立体商標の保護は難しいものとなっています。

    憧れの名作家具を買うなら正規メーカーが一番

    今回はリプロダクト品の特徴や問題点について、詳しく解説しました。

    デザイナーが手掛けた名作家具には、質の良い素材や優れた技術だけでなく、物語があります。

    作品の価値は価格には代えられません。

    安さを重視したいのであれば、リプロダクト品を選ぶのも一つの方法です。

    けれど憧れの家具を長く愛用するのであれば、やはり正規メーカーから購入するのがおすすめです。