北欧照明と過ごす夜のリラックスタイム|配置や選び方のコツを押さえよう

    一年において日照時間が短い北欧。

    家で過ごす機会が多いため、暮らしを大切にする精神が息づいています。

    照明も毎日を豊かにするツールの一つ。

    ほんの少し使い方を工夫するだけで、非日常な空間を演出できます。

    この記事では、夜の時間を癒しの雰囲気に変身させる照明の配置のコツや、選び方、おすすめなどをご紹介します。

    心地よい光を追求した北欧照明デザイン

    北欧デザインの照明がある家

    北欧の国々は緯度が高いため、長く厳しい冬が大きな特徴です。

    一年の多くを室内で過ごすため、家での時間が充実するよう照明や家具、食器などのデザインが盛んになったといわれています。

    北欧において光は貴重なもの。照明の灯りにも強いこだわりがあるのです。

    たとえば、ルイスポールセン社の「PHシリーズ」は3枚重ねのシェードで電球の眩しさをコントロールし、心地よい灯りを実現。

    計算された光と影の美しさ、器具自体のデザイン、機能性がトータルでデザインされています。

    そのほか「レ・クリント」や「ルイス・ポールセン」「フリッツ・ハンセン」など、優れた照明器具を取り扱うメーカーの存在からも灯りに対するこだわりが、うかがえます。

    北欧にシーリングライトがない理由

    北欧には部屋全体を照らす「シーリングライト」は見当たりません。

    シーリングライトは明るすぎるため、リラックスしにくいのが理由です。

    そのためテーブルランプやフロアランプなど、優しい光を組み合わせて使います。

    特に夜は一日の疲れを癒す大事なひととき。

    キャンドルのような暖色系の優しい光を集めてリラックスします。

    北欧をお手本にした照明の配置のポイント

    「北欧で暮らす人々のように、照明を活用して優雅な時間を過ごしたいけれど、何だか難しそう」と感じている方もいるでしょう。

    ほんの少し工夫するだけで部屋の雰囲気が格段にアップします。

    この章では、北欧の照明使いを参考にしながら、レイアウトするときのコツを解説します。

    必要な場所だけ照らす

    パンテラポータブル

    北欧のように落ち着いた雰囲気を演出したいならシーリングライトは消して、必要な場所だけ照らしましょう

    ポイントは目的にあったスペースに照明を配置すること。

    読書をするならソファ横、コーヒーを飲むならサイドテーブル、日記を書くならデスク上など光が欲しいところを照らせばOK。

    「どこを明るくしたいのか」を考えてレイアウトすれば良いので、簡単です。

    間接照明の数で明るさを調節する

    必要な場所に照明を配置したとき「少し明るさが足りないな」と感じる場合は、間接照明の数を増やしてみてください。

    必要な場所に一つずつ灯りを足していくイメージです。

    柔らかい光を複数灯せば、明るさが増すだけでなく空間にメリハリが生まれます。

    北欧から学ぶ照明選びのポイント

    北欧照明は、おしゃれなものが多く「どれを選べば良いか分からない」という方も多いはず。

    好みの明るさや配光など条件を絞れば、自然に候補を絞ることができます。

    この章では、北欧照明を選ぶときに押さえておきたいポイントを解説します。

    好みの明るさを選ぶ

    まずは好みの明るさを選びましょう。

    ざっくりと「暗め」か「明るめ」どちらが好きかイメージしてください。

    夜は暗めの室内で静かに過ごしたい方には、アルミシェードの照明がおすすめです。

    光が透けないため、明るさは控えめ。穏やかなリラックスタイムを過ごせます。

    本を読んだり、映画を見たりして寛ぎたいなら、明るめの照明がぴったり。

    ガラスやプラスチックのシェードなら光が透けるため、シーリングライトなしでも快適に過ごせます。

    自身がホッと落ち着ける明るさを選んでくださいね。

    目的に合う配光を選ぶ

    「配光」とは、照明器具の光の広がり方のこと。

    使う目的に合わせて選ぶのがポイントです。

    手のひらをシェード近くで一周させると、どこを照らしているか確認できます。

    配光のパターンは大きく分けて以下の3つです。

    1. ピンポイントで照らしたい
    2. 照明の周辺を満遍なく照らしたい
    3. 置き場所によって1.と2.のどちらも対応可能なタイプ

    読書灯として使うなど特定の場所を照らしたいなら、下方のみを照らすライトがおすすめ。

    シェードの角度が調整できるタイプだと、より便利です。

    反対に照明器具の周辺を満遍なく明るくする場合は上下どちらからも、しっかりと灯りが広がるタイプが向いています。

    配光は光の量のバランスによっても変わります。

    ピンポイントで照らしたり全体を明るくしたり場所に合わせて使い分けたい方は、ポール・ヘニングセンの「PHシリーズ」のように、上下の光の量が異なるタイプが良いでしょう。

    夜のリラックスタイムにおすすめの北欧照明3選

    おしゃれで実用的なデザインが多いのが特徴の北欧照明。

    この章では、夜のリラックスタイムにおすすめのライトを3つご紹介します。

    北欧照明初心者さんにはPH3/2テーブル

    テーブルランプを置いている

    北欧インテリア好きなら、一度は目にしたことがある「PH3/2テーブル」。

    照明デザイナー「ポール・ヘニングセン」が手掛けました。

    重なるガラスのシェードが、光をコントロール。

    光が透過するガラスシェードは照明周辺も柔らかく照らしてくれるので、シーリングライトで過ごしてきた方やテーブルランプ初心者さんにもおすすめです。

    読書やコーヒータイムなど、いつものリラックスタイムも、ちょっぴり特別に感じられます。

    優れたデザインと機能性を併せもつカラヴァッジオ

    カラヴァッジオのある空間

    緩やかなカーブを描くフォルムが美しいペンダントライト。

    デンマーク人の女性プロダクトデザイナー「セシリエ・マンツ」の作品です。

    電球はシェードの上部にあるので、光源が直接目に入らず、眩しさを感じません。

    カラヴァッジオは3種類のシェードから選べます。

    • ハイグロスカラー
    • マットカラー
    • オパール

    ハイグロスカラーとマットカラーは下方向を明るく照らし、オパールはガラスシェードなので照明周辺にも光を届けてくれるので部屋全体も柔らかく明るくしてくれます。

    丸みのあるフォルムとマットなモノトーンカラーは、木製家具でまとめたナチュラルなインテリアにもマッチします。

    部屋全体に光を届けるパンテラフロア

    パンテラフロアのある空間

    乳白色の半球形シェードが印象的なフロアランプです。

    デンマークのデザイナー「ヴァーナー・パントン」が1971年に発表しました。

    シェードは光をよく透過させるアクリル製を採用しているので、空間全体に柔らかい光が広がります。

    部屋の隅やソファの横にレイアウトして、リラックスタイムを満喫しましょう。

    丸みを帯びたデザインは存在感があるので、消灯時もインテリアとして目で見て楽しめます。

    北欧照明で夜のリラックスタイムを満喫しよう

    レクリント照明のある様子

    この記事では、北欧照明で夜の癒しの空間をつくるコツをご紹介しました。

    複数の灯りを目的に合った場所に置けば、簡単にお部屋の雰囲気がアップします。

    普段リラックスタイムを過ごすスペースに、テーブルランプやフロアランプを一つプラスするところから始めてみてくださいね。