近代照明の父ポール・ヘニングセンとは?|歴史・功績・代表作を紹介

    ポール・ヘニングセンは20世紀の照明デザイン界を代表する建築・照明デザイナーです。

    生涯において100種類以上のランプを手掛け「近代照明の父」とも呼ばれています。

    この記事では、ポール・ヘニングセンの歴史や代表作について詳しく解説します。

    近代照明の父と呼ばれるポール・ヘニングセン

    ポール・ヘニングセンは、1894年にコペンハーゲンに誕生しました。

    父の「カール・エヴァルト」は作家、母「アグネス・へニングセン」は女優として活躍しています。

    生涯において機能的で美しい光を追求し、100種類以上もの照明をデザインしました。

    デザイナーだけでなく、ジャーナリストや作家として文筆活動をおこなうなど、幅広い分野で才能を発揮しています。

    建築士としてキャリアをスタートさせる

    1911年から1914年にフレデリクスベアのテクニカル・スクール、1914年から1917年にはコペンハーゲンのテクニカル・カレッジにて建築を学びました。

    最初は建築士としてキャリアをスタートさせますが、デンマークの照明メーカー「ルイス・ポールセン」との出会いにより、照明デザインへと移行します。

    ルイス・ポールセンと協力関係を築く

    1925年からルイス・ポールセンとのコラボレーションが始まります。

    PHシリーズ初のランプは、同年にパリでおこなわれた「国際近代装飾工芸展」にて展示されました。

    「PH5」や「PHアーティチョーク」など、デザイン界の歴史に残る数多くの名作が誕生。

    両者の協力関係は、へニングセンが亡くなるまで続き、手掛けた作品は現在もルイス・ポールセンから製造され続けています。

    ルイス・ポールセン社初の編集者を務める

    へニングセンはルイス・ポールセン社の広報誌である「NYT」 の最初の編集者でもあります。

    NYT誌は、当時ルイス・ポールセンのCEOを務めていた「ソーフス・カストラップ・オルセン」の厚意により提供されました。

    へニングセンの政治的意見は急進的であり、デンマークの新聞紙からライターとしての活動の場を追われていたのです。

    数多くの家具デザインを手掛ける

    照明のイメージが強いへニングセンですが、1919年から50年代半ばまで、数多くの家具デザインも手掛けています。

    これらの作品は「PHファニチャーコレクション」として、デンマークの企業「PHファニチャー」に管理・製造されています。

    なかでも有名なのは「PHグランドピアノ」です。一般的なピアノのイメージを覆す、斬新なデザインが大きな反響を呼びました。

    現在はニューヨークの「メトロポリタン美術館」などにコレクションされています。

    ドイツ軍占領時にスウェーデンに亡命する

    第二次大戦初期、へニングセンはコペンハーゲンの「チボリ公園」の主任建設者も務めていました。

    しかしドイツ軍に占領されたとき、他の多くの芸術家たちと同じく国を脱出。

    亡命先のスウェーデンで、すぐさまデンマーク人のアーティスト・コミュニティーの中心人物となりました。

    グレアのない快適な照明を生み出す

    へニングセンの大きな功績は、グレアのない照明を生み出したことです。

    直接目に入ると眩しい光を、心地よいものにするために尽力します。

    研究の結果、複数のシェードを重ねて強い光を遮断することに成功しました。

    対数螺旋を用いてPHシリーズをデザイン

    PHシリーズ

    へニングセンは「対数螺旋(たいすうらせん)」を用いてPHシリーズをデザインしました。

    対数螺旋とは、貝殻など自然界でも多く見られるカーブのことで、建築や芸術の分野でも取り入れられています。

    へニングセンはカーブの中心に電球を置いたとき、どのシェードに当たっても光が同じ角度で反射するようデザイン。下方に均一な光を届けることに成功しました。

    ポール・ヘニングセンを代表する照明5選

    へニングセンの照明は、明るいのに眩しさを感じない光と、照らしだしたモノに映る柔らかい影が魅力的。

    ここからは代表的な作品を5つご紹介します。

    へニングセンの代名詞的ランプPH5

    PH5

    「PH5」はPHシリーズの中でも、特に有名な作品です。

    1958年におこなわれたデンマーク工芸博物館の展覧会「ガラス、光とカラー展」で発表されました。

    デンマークで「国民的ランプ」とまで呼ばれるほど高く評価され、国外に広まった最初のデンマーク製品の一つとなります。

    異なるサイズの4枚シェードが生み出す光のグラデーションと、豊富なカラー展開が魅力的。

    光源の種類にかかわらず、グレアのない快適な灯りを実現します。

    発表から60年近くが経つ現在も、多くの人から愛され続ける名作です。

    20世紀を代表する傑作PHアーティチョーク

    PHアーティチョーク

    1958年に発表された「PHアーティチョーク」は、コペンハーゲンのレストラン「ランエリーニュ・パヴィリオン」のためにデザインされたペンダントライトです。

    重なり合う72枚のシェードが芸術的です。内側からの光がすべての羽根にあたり、温もりある空間を演出します。

    制作するには、1台あたり100種類以上のパーツと腕のいい職人が必要といわれています。

    へニングセンが、こだわり抜いた上質な光が評価され、20世紀を代表する名作照明の一つとなりました。

    へニングセンが手掛けた最後の照明PH 4/3

    PH 4/3

    1966年に発表された「PH 4/3」は、ヘニングセンが最後に手掛けた照明です。

    北欧モダンデザインを象徴するロングセラーとなりました。

    3枚のシェードにより光源による眩しさを感じることなく、手元を明るく照らしだします。

    点灯しているときはもちろん消灯時も美しく、オブジェのように空間を彩ります。

    光と影の対比が印象的なPHスノーボール

    PHスノーボール

    光と影のコントラストが印象的な「PHスノーボール」。

    シェードをツヤのある面とマットな面に塗りわけることで、美しい明かりを実現しています。

    へニングセンが手掛けた他の照明と同様に、同じ角度で光が反射するため、眩しさを感じない快適な空間を演出。

    1958年に誕生し、PH5と共にデンマーク工芸博物館に展示されますが、当時はあまり話題になりませんでした。

    1983年にようやく生産と販売がスタート。

    現在は陰影が美しいペンダントライトとして、多くの人から愛されています。

    シンプルな3枚シェードの照明PH 3/2 ペンダント

    PH 3/2 ペンダント

    「PH 3/2 ペンダント」は対数螺旋を用いたペンダントライトです。

    3枚シェードのPHシリーズの基本形である、シンプルなデザインは、インテリアのテイストやシーンを問わず、いろいろな場所に馴染みます。

    比較的小ぶりなサイズなので、ダイニングテーブルの上に複数レイアウトするのもおすすめです。1998年に復刻販売されました。

    生涯において光を追求し続けたポール・ヘニングセン

    生涯において快適な光を追求し、20世紀の照明デザイン界に大きな影響をもたらしたポール・ヘニングセン。

    「PH5」や「PHアーティチョーク」など、現在も愛される傑作を多数生み出しました。

    へニングセンの「光の特性を人間の福利に結びつける」というポリシーは、現在もルイス・ポールセンの軸となっています。

    どんな空間にも溶け込む優しい灯りを、ぜひ体感してみてくださいね。