グランプリチェアが最高賞を獲得した理由とは?魅力や活用例をご紹介

    グランプリチェアは、1957年にアルネ・ヤコブセンがデザインした作品です。

    コペンハーゲンの「デンマーク工芸博物館」の展示会で発表されました。

    印象的なY字型のフォルムと優れた機能性により、アルネ・ヤコブセンの代表作である「セブンチェア」や「アントチェア」に並ぶ名作となりました。

    この記事では、グランプリチェアの特徴や魅力、活用アイデアについてご紹介します。

    グランプリチェアとは?

    グランプリチェア

    グランプリチェアは1957 年に、北欧家具の巨匠として知られるアルネ・ヤコブセンがデザインした作品です。

    当初は「3130モデル」と名付けられ、コペンハーゲンの「デンマーク工芸博物館」にて開催された春の展示会で初公開。

    同じ年にイタリアでおこなわれた国際博覧会「ミラノ・トリエンナーレ」で、最高賞を獲得したことから「グランプリチェア」と命名されました。

    製品化されたものの、技術面の問題により生産は中止に。

    その後フリッツ・ハンセン社によって改良され、2008年にスチール脚バージョンが復刻を果たします。

    オリジナルのデザインはそのままに、脚や座面のジョイント部に最新の技術を施しグレードアップ。2014年に再び生産がスタートしました。

    印象的なY字型のフォルム

    グランプリチェアのあるダイニング

    グランプリチェアはY字型のフォルムが印象的。

    アルネ・ヤコブセンがこだわった機能美により、単体で配置するだけでもオブジェのような存在感を放ちます。

    彼の作品の中では珍しく木製の脚を採用していますが、他の成形合板チェアのスチールベースと同じように緩やかなラインを描いているのが特徴的です。

    アルネ・ヤコブセンの優れた技術により「セブンチェア」や「アントチェア」と並ぶ名作に。

    グランプリチェアは「成形合板チェア」が世間に認められるきっかけとなった作品となりました。

    グランプリチェアが選ばれた「ミラノ・トリエンナーレ」

    グランプリチェアが最高賞を受賞した「ミラノ・トリエンナーレ」は、世界最大のデザイン都市であるミラノで開かれる美術展覧会です。

    基本的に3年に1度のペースで開催されデザインやファッション、建築などの分野の中で最も優れたデザインに賞が贈られます。

    グランプリチェアの受賞は、アルネ・ヤコブセンの技術が世間に認められた証といっても過言ではないでしょう。

    自分好みにアレンジできる個性豊かなバリエーション

    グランプリチェアは自分の好みに合うタイプを選べるのも大きな魅力。

    ここからは豊富なバリエーションについて、詳しく解説していきます。

    選べる2種類のベース

    2種類の異なるベースタイプのグランプリチェア

    グランプリチェアのベースは2種類から選択できます。

    • ウッドレッグ
      木目がはっきりと分かるウッドレッグは、ナチュラルかつモダンな雰囲気を感じるのが印象的です。2サイズ展開で脚は本体と同色になります。
    • スチール
      スチールパイプのクローム仕上げは、クールかつ洗練されたイメージ。モノトーンやモダンなインテリアに似合います。スチールタイプはスタッキングが可能なので、複数使いしたい人におすすめです。

    本体は印象の異なる3タイプから選択可能

    3種類のグランプリチェア

    グランプリチェアの本体は、ナチュラルウッドとカラードアッシュ、ラッカーの3種類から選べます。

    また布やレザーでのフロントパディングやフルパディング加工も可能。

    それぞれに違った良さがあるので、じっくり検討してくださいね。

    ナチュラルウッド

    ナチュラルウッドノグランプリチェア

    木の質感を活かしたナチュラルウッドなら、空間に温もりをプラスできます。

    どんなインテリアにも合わせやすいので「どれを選べば良いか分からない」という人にもおすすめです。

    同じナチュラルウッドタイプでも、素材の種類によって雰囲気が異なります。

    カラードアッシュ

    カラードアッシュのグランプリチェア

    カラードアッシュは、鮮やかなカラーからニュアンスカラーまでバリエーション豊富。

    インテリアのアクセントに最適です。

    木目もしっかり見えるので、色と素材の質感の両方を楽しめます。

    またナチュラルウッドに比べて、耐久性に優れているのも魅力的です。

    ラッカー

    Lacquer塗装のグランプリチェア

    ラッカーは木目が見えなくなるまで色を重ねているのが特徴です。

    ナチュラルウッドやカラードアッシュと異なり、ツヤのある質感に仕上がっています。

    使い込むほど光沢が増し、美しく変化していくのも魅力です。

    グランプリチェアのコーディネートアイデア

    Y字の背もたれが、程よい存在感を放つグランプリチェア。

    デザインの美しさと機能性を持ち合わせているので、さまざまなシーンで活躍します。

    ここからは、インテリアにグランプリチェアを取り入れるときのアイデアをご紹介します。

    廊下や玄関に単体で置いて

    白い空間に置かれた白いグランプリチェア

    グランプリチェアは単体で配置し、空間のアクセントにするのもおすすめです。

    リビングの隅や廊下、玄関など、ちょっとしたスペースにぴったり。

    座面の上に観葉植物や雑貨をディスプレイしても良いですし、そのまま置いているだけでも芸術作品のようで素敵です。

    複数並べてダイニングチェアに

    グランプリチェアのあるダイニング

    ダイニングテーブルにグランプリチェアを複数レイアウトしても良いでしょう。

    あえて違った素材やカラーを選べば、空間に遊び心をプラスできます。

    色合わせに迷ったら部屋のテーマカラーをセレクトするのがおすすめ。統一感ある仕上がりになります。

    世界が認めた機能美を体験してみよう

    グランプリチェアのあるダイニング

    グランプリチェアは美しいY字のフォルムと、快適な座り心地が魅力的。

    長時間使用しても疲れにくいので、デスクチェアとして取り入れるのもおすすめです。

    またアルネ・ヤコブセンデザインの中では珍しいウッドレッグは、人と違った北欧家具を手に入れたい人にぴったり。

    世界にも認められたデザインと機能性を、ぜひ実際に体験してみてくださいね。

      ABOUT US

      cova
      「五感」と「空間提案」をテーマとする建築士。職人の手仕事が感じられるモノや空間は、視覚的な美しさだけでなく、触れた感触が心地よかったり、そこでの食事の味や音の響きにまで影響を与えるもの。机上で完結しない、現場でのインスピレーションを大切にしています。