もう悩まない。北欧ダイニングテーブルのサイズ選びのポイントや注意点

    家族が集まる空間に欠かせないダイニングテーブル。

    永く使うアイテムなので、サイズ選びは慎重におこないたいですよね。

    とはいえ「何に意識すればいいのかわからない」という方は多いはず。

    この記事では、北欧ダイニングテーブルのサイズを選ぶときに、知っておきたいポイントや注意点を解説します。

    ダイニングテーブルのサイズ選びのポイント

    家庭に合ったダイニングテーブルのサイズは、家族の人数や部屋のサイズ、使い方によって異なります。

    この章では、サイズを選ぶときに意識したいポイントや注意点をご紹介します。

    天板サイズは家族の人数に合わせる

    ダイニングテーブルの天板のサイズは、家族の人数に合わせて選びましょう。

    目安となるスペースは、一人あたり幅60cm×奥行40cm程度

    二人なら幅60cm× 奥行80cmは必要です。

    こちらの大きさをベースに体格や人数、過ごし方などを考えて、候補となるダイニングテーブルを絞っていきましょう。

    たとえば四人掛けのテーブルを検討している場合、基本サイズは幅120cm x 奥行き80cmです。

    けれど大人が二人並んで食事をするとなると、少し窮屈。

    置き場所に余裕があるなら、ゆったり使える幅150cm〜160cm以上の天板がおすすめです。

    スムーズに通れるよう余裕をもたせる

    ダイニングテーブルを選ぶときは、天板のサイズだけでなく、部屋の広さとのバランスも重要です。

    ギリギリ置けたとしても、周りのスペースに余裕がないと動きにくいですよね。

    狭すぎると立ち座りがしにくかったり、テーブルの横を人が通りづらかったりして、毎日プチストレスを感じることに。

    肘掛けつきの椅子を使う場合は、より広いスペースが必要です。

    ダイニングテーブルの候補を絞ったら、部屋に置いたときの周辺スペースを確保できているか、以下の距離を目安にチェックしてくださいね。

    ダイニングテーブル周辺に必要な距離の目安
    • 家具と壁のあいだを通るとき:約60cm
    • 椅子を出し入れするとき:約75~80cm
    • 正面を向いて座るとき:約55~60cm
    • 正面を向いてすれ違うとき:約120cm〜

    使うシーンに適したサイズを選ぶ

    円形のテーブル

    家族の人数や部屋の広さを考慮したうえで、使い方に合ったサイズを選べるとベストです。

    大皿を囲む家庭なら、目安となる奥行きより浅めで、幅が広い天板のほうが料理を取りやすいですし、ホームパーティーをする場合は、たくさん食器が乗せられるよう大きめがおすすめです。

    スペースが限られている場合や、ものが少ない家庭には、基準のサイズより小さいほうが良いでしょう。

    椅子とのバランスを考える

    ダイニングテーブルのサイズを選ぶときは、椅子とのバランスも大切です。

    セット販売されているものなら、初めから丁度よい高さに設定されていますが、単体で椅子を選ぶ場合は確認が必要です。

    「差尺(さじゃく)」を使うと身長に合う高さのテーブルが分かります。

    差尺とは「座面の高さ」とテーブルの「天板下までの高さ」の差のことです。

    座高(身長×0.55)÷3-2cm」の式で計算できます。

    例:身長160cmの場合
    1. 日本人の平均的な座高を計算する。
      160cm×0.55=88cm
    2. 座高を3で割った数から2を引く
      88÷3-2=27.33…
    3. 身長160cmの方の目安となる差尺は約27.3cmである。

    多くの場合、家族の身長はバラバラですので、一般的には背の高い人に合わせて選びます。

    差尺の平均は27〜30cmとされていますが、椅子の脚にフェルトを付けたり、クッションで高さを調節したり、あえて異なるチェアを組み合わせたりしても良いでしょう。

    海外ブランドの家具を買うときは要注意

    海外ブランドのテーブルやチェアは、外国人の体格にあわせて高く設定されている商品があります。

    北欧ブランドのダイニングテーブルを購入するときには、チェックを忘れないようにしましょう。

    ダイニングテーブルの種類と特徴

    ダイニングテーブルはサイズだけでなく、使う目的に合ったデザインを選ぶことも大切です。

    ライフスタイルに合ったタイプなら、より快適に使用できます。

    ダイニングテーブルの定番といえば長方形

    長方形のテーブル

    ダイニングテーブルの定番である長方形。

    天板の面積が広く、ゆったり使えるのが魅力です。

    壁やキッチンカウンターに寄せて配置できるので、スペースを有効に使えます。

    また並んだり向き合ったりなど、座り方のバリエーションも豊富です。

    子どもがいる家庭におすすめの角丸型

    アナログテーブルのある空間

    長方形テーブルの角に丸みがあるタイプ。

    万が一ぶつかっても大きな怪我になりにくいので、小さい子どもがいる家庭におすすめです。

    長方形テーブルのスッキリとしたフォルムに対して、角丸型テーブルは柔らかい印象です。

    コミュニケーションを楽しむなら円形

    円形のテーブルを使用している様子

    円形のテーブルは、コミュニケーションを取りやすいのが特徴です。

    座る人数を限定しなくても良いので、来客時も対応しやすいメリットがあります。

    テーブルを囲んだ全員が、天板の上のものを取るのもスムーズ。

    ただし他のタイプのように、部屋の隅には寄せられないため、部屋の広さに余裕が必要です。

    配置をアレンジしたいなら半円形・変形

    半円のテーブルを使用している様子

    半円形・変形テーブルは配置のアレンジの幅が広いのが魅力です。

    長い辺を壁面やキッチンカウンターに設置させたり、来客時は部屋の中央に移動させたりなど、フレキシブルに対応できます。

    ベンチやソファとのコーディネートを楽しんでも良いですね。

    スペースを有効に使える伸縮式

    CH002

    スペースを無駄なく使いたい場合は、伸縮式のダイニングテーブルがおすすめ。

    必要なときだけ天板を伸ばせるので来客の機会が多い人や、家族が増える予定がある家庭に向いています。

    テーブルの片側を拡張できるものや、中央に天板をはめ込むものなど、いくつか種類があるので使いやすいものを選びましょう。

    ダイニングテーブル選びは総合的に検討することが大切

    エッグテーブル

    ダイニングテーブルを選ぶときは天板のサイズだけでなく、部屋の広さや椅子とのバランス、使う目的など、さまざまな観点から検討することが大切です。

    ポイントや注意点を押さえておけば、最適な北欧ダイニングテーブルが見つかります。

    お気に入りの家具と一緒に、家族団欒のひとときを過ごしてくださいね。

      ABOUT US
      KJ設計士
      自然を愛する設計士。光や風、植栽を上手に取り入れる洗練させた空間提案が得意。実は一年中海に通うサーファーでもある。一見強面だが実は猫が好き。今日もお客様の喜ぶ顔を思い浮かべ、ペンを走らせる。