多様性を体現したテーブル・CH337の魅力|機能的な伸長式構造

    楕円の滑らかな天板と、便利な伸長式構造を採用しているテーブル「CH337」。

    滑らかなフォルムと木の質感が温かみのある雰囲気を演出し、ダイニングやリビングを優しく彩ります。

    とくに素朴な美しさと機能性を兼ね備えたテーブルを探している場合に最適です。

    この記事ではCH337の魅力や特徴を紹介します。

    CH337とは?

    CH337のある空間

    CH337とは、世界的に有名なデンマーク人家具デザイナーの「ハンス・J・ウェグナー」によって1962年にデザインされたテーブルです。

    2011年からデンマークの老舗家具ブランド「カール・ハンセン&サン」による本格的な生産が始まり、世界中で流通するようになりました。

    デザインは滑らかで温かみのある楕円フォルムの天板が特徴的。

    穏やかな佇まいは、ダイニングやリビングを健康的でくつろげる雰囲気に演出します。

    また四方のエッジがカーブを描いているためスクエアのテーブルより圧迫感が少なく、室内の余白を美しく残せるのも魅力です。

    さらに木の質感を全面に出したナチュラルな配色や質感は、幅広い家具やインテリアにマッチします。

    汎用性が高くあらゆるコーディネートに組み込みやすいため、どのような空間にも気軽に設置できるでしょう。

    角がなくコミュニケーションがとりやすいダイニングテーブル

    CH337のある空間

    CH337が採用している楕円形の天板は角がないため、座ったときに人と人との距離が遠くならないのが特徴です。

    顔が合わせやすく円滑にコミュニケーションがとれるでしょう。

    普段の食卓にも、大人数で使うパーティーテーブルとしても最適です。

    また角がないぶんコーナーにも椅子を配置できて、座れる人数が多いのもうれしい魅力でしょう。

    最大8名まで座れるため、来客時にも快適に使用できます。

    有機的かつ機能的なフォルムを採用したこの作品は、幅広いシーンで使えるダイニングテーブルです。

    スペースにあわせて大きさを変えられる

    CH337は、専用の伸長板を使うことで天板のサイズを調整できるのも特徴です。

    一見シンプルなフォルムの天板は中央が開くギミックを採用しており、伸長板をはめ込むことで拡大できます。

    伸長板は最大2枚まで追加可能で、1枚で幅約200cm、2枚で幅約260cmまで広げることができます。

    また通常サイズは幅約140cmと比較的コンパクトなサイズ感ですので、食卓や作業テーブルなどの日常使いに最適です。

    一方で伸長板を使用すればパーティーや会食などの大人数で使うテーブルに早変わり。

    多様性が抜群の構造を採用し、タイムレスな機能性とデザイン性を北欧の美学で体現しています。

    下に向かって徐々に細くなる美しい脚

    床面に向かって細くなっていく脚のデザインもCH337の魅力です。

    圧迫感がなく軽やかなラインは美しく、設置空間にスッキリとした統一感を与えます。

    物理的にも非常にコンパクトなため、大人数で座るときの邪魔にもなりません。

    また幅広いチェアとの相性も抜群です。

    床面付近の細いラインは多様なチェアが採用している細めの脚との親和性が高く、組み合わせた時に美しい調和を生み出してくれるでしょう。

    選べる素材で雰囲気は自由自在

    CH337の種類

    CH337は、使用木材や仕上げ方によっても大きく表情を変えます。

    シンプルで機能美を主張するデザインと配色だからこそ、繊細な変化で多様な佇まいが楽しめるのです。

    なかでもビーチやウォールナット、オーク、マホガニーは使われることの多い木材で、それぞれ異なる質感と発色をもっています。

    • ビーチ
      木の温かみを全面に活かした淡いブラウン
    • ウォールナット
      シックで重厚感のあるブラウンを楽しめるのが魅力
    • オーク
      ナチュラルなブラウンを堪能でき、ビーチよりも濃厚な色合いが好きな人におすすめ
    • マホガニー
      希少価値が高く、深みのある色合いで、均一な発色と独特の木目が美しいことで有名

    また仕上げ方も選べます。

    • オイル仕上げ
      しっとりとした艶感と濃厚な発色が魅力
    • ソープ仕上げ
      さらりとした質感で白みがかった発色に仕上がり

    どちらも工業的な化学薬品を使わないため、美しいだけではなく人体に優しく安心して使っていただけます。

    CH337とサイズ違いの「CH338」「CH339」

    CH337とCH338とCH339

    CH337には、サイズ違いで同じデザインを採用したシリーズ「CH338」と「CH339」が存在します。

    • CH337|幅約140cm
    • CH338|幅約200cm
    • CH339|幅約240cm

    CH338もCH339も、CH337と同じく別売りの専用伸長板を組み合わせて天板を拡大できるため、CH337よりさらに大人数で使うことができます。

    どちらも伸長板を2枚まで追加可能で、拡大すれば最大16人まで座れる大きなダイニングテーブルに変身します。まさに大人数での会食やパーティーなどで活躍するテーブルです。

    またCH337と比べて通常サイズの時点から大きいため、余裕のある使い心地のテーブルを求めている人におすすめです。

    とくに人数の多い家庭や、大人数で食事や作業をする機会が多い場合に適しています。

    CH337・CH338・CH339の導入事例を紹介

    ここからは、「CH337」「CH338」「CH339」の特性を活かした導入例を紹介していきます。

    購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

    複数人で食事やお茶を楽しむダイニングテーブルとして

    CH337のある空間

    複数人で座りやすい楕円形天板を採用しているため、食事やティータイムを楽しむダイニングテーブルに最適です。

    座ったときの人と人との距離が近いため、円滑なコミュニケーションをとりながらダイニングでの時間を楽しめます。

    大人数で作業を行う多目的テーブルとして

    CH337のある空間

    別売りの伸長板を追加して天板を拡大できるCH337シリーズは、大人数で使う多目的テーブルとしても活躍します。

    会議や勉強会といった大人数で使う作業用デスクになるため、会社や施設に設置するのもおすすめです。

    ラグジュアリーなチェアと合わせるコーヒーテーブルとして

    CH337のある空間

    CH337はシリーズのなかでも一番小さいサイズのため、ラグジュアリーなチェアと合わせるコーヒーテーブルとして活用するのもおすすめです。

    くつろいで座れるお気に入りのチェアと組み合わせて設置すれば、室内にカフェのような癒しのスペースを作れます。

    エレガントな曲線が美しいCH337で上品なダイニングを実現

    CH337のある空間

    今回は、有機的な美しさと機能性を兼ね備えたCH337を紹介しました。

    優れた汎用性とタイムレスなフォルム、サイズ調整ができるギミックは、多様性を具現化したCH337の美しい強みです。

    そしてエレガントな曲線デザインと、人と人との距離を近づける画期的な構造は、ダイニングを上品で心地良い雰囲気に演出します。

    便利で芸術性の高いテーブルを探している人は、ぜひCH337をご検討ください。

      ABOUT US
      KAORIインテリアプランナー
      シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。