アナログテーブルの魅力とは?革新的なデザインの特徴や導入例を紹介

    フリッツ・ハンセンが手掛けるアナログテーブルは、独特な形状の天板を使用したモダンテーブル。

    特徴的な形と利便性に配慮した作りから、一緒に使用する人との距離を縮めるダイニングテーブルとなっています。

    この記事では、アナログテーブルの魅力やコーディネート事例について紹介します。

    アナログテーブルとは?

    アナログテーブル

    アナログテーブルとは、スペイン人デザイナーのハイメ・アジョンが、デンマークの家具メーカー「Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)」と共に手掛けた楕円のテーブルです。

    滑らかで柔らかい印象を与える曲線を随所に取り入れたデザインが特徴で、北欧ならではのシンプルな美しさも楽しめます。

    素朴で温かい雰囲気に演出したい場合におすすめのテーブルです。

    素材はナチュラルなウォルナット材やオーク材、モダンな雰囲気を加えたラミネートなどを使用しており、好みに合わせて選ぶことが可能。

    既存の家具やインテリアに合わせてコーディネートを楽しめます。

    楕円と曲線を取り入れたデザインは圧迫感が少なく、リビングの中央に配置したり、小さな作業部屋に配置したりと使い勝手も抜群。

    広くて使いやすいサイズ感とスリムな見た目を見事に両立しています。

    どこに座っても人の顔を見渡せる独特な天板

    上から見たアナログテーブル

    アナログテーブルが採用しているのは、長方形に近く、両端から中央に向けて広がる独特な楕円形状の天板です。

    テーブルにつくすべての人がお互いの顔を見渡せるようになっており、談話や食事の時間に適した親しい距離感を作り上げています

    デジタルツールを介さずに、直接会って会話や食事を楽しむことをコンセプトにしたテーブルなので、デジタルと対の言葉であるアナログと名付けられました

    「現代の人間関係は希薄なのではないか」というハイメ・アジョンの問題提起から誕生した温かみのあるテーブルです。

    コーナーでも座りやすい革新的な脚の作り

    アナログテーブルのコーナー

    アナログテーブルは、天板だけでなく脚部分にも繊細なこだわりがあります。

    幅が非常に狭くて奥行きのある脚を斜めに配置することで、椅子を置いて快適に座れるコーナーを実現しています。

    大人数でも無理なく会話や食事を楽しめる、人とのつながりを意識したテーブルにしてくれる革新的な脚です。

    アナログテーブルと相性の良い椅子

    落ち着いたダイニングスペース

    天板や脚に美しい曲線を取り入れているアナログテーブルは、丸みのある椅子との相性が抜群です。

    アナログテーブルに合わせる椅子を選ぶときは、曲線を多く取り入れた椅子を選んでみましょう。

    フリッツ・ハンセンが展開している「セブンチェア」「ドロップチェア」などの角がない椅子は、アナログテーブルと調和しやすいです。

    デンマークのデザイナーであるアルネ・ヤコブセンがデザインしており、北欧ならではのモダンな雰囲気とシンプルさが魅力になっています。

    どちらの椅子も曲線的なデザインに加え、かさばらないコンパクトな脚やサイズを採用しているため、アナログテーブルと合わせることですっきりとしたダイニングセットになります。

    フィット感のある座り心地は曲線フォルムならでは。使い勝手の良いアナログテーブルに引けをとらない快適性を誇っています。

    部屋の雰囲気に合わせて選べるカラーバリエーション

    カラフルなセブンチェア

    アナログテーブルと相性の良い曲線的な北欧チェアは、カラーバリエーションが豊富なのも特徴。

    そのため、設置する部屋の雰囲気や既存のインテリア・家具に合わせてお好きな色を選べます。

    シンプルな木目調やモノクロ、北欧らしいビタミンカラー、暖色系など、幅広いカラーバリエーションを用意。

    お部屋を好みのカラーで染められるのが嬉しいポイントです。

    アナログテーブルは控えめでシンプルなカラーバリエーションなので、椅子の配色にこだわればコーディネートを楽しめます。

    アナログテーブルの導入事例を紹介

    ここからは、アナログテーブルと相性の良い家具やインテリアを紹介します。

    アナログテーブルと木製素材の家具

    木製のあk具と合わせたアナログテーブル

    アナログテーブルは木の素朴な雰囲気を大切にしたデザインなので、ほかの木製家具と組み合わせることでナチュラルな雰囲気を作れます。

    木製の棚や椅子などで統一した空間に合わせればすっきりと馴染みます。

    壁・床・キッチンなどに無垢材をあしらった木造スタイルのお部屋であれば、さらに雰囲気を統一しやすくなります。

    アナログテーブルと北欧家具

    ドロップチェアと組み合わせたアナログテーブル

    アナログテーブルのシンプルなフォルムは、同じ雰囲気をもつ北欧家具との親和性がとても高いのが特徴。

    北欧ならではのシンプルな形状と配色を採用した椅子・棚・照明・雑貨などとマッチします。

    柔らかい北欧の雰囲気で統一した空間であれば、曲線的で圧迫感のないアナログテーブルはぴったりはまります。

    アナログテーブルとモダンインテリア

    ダイニングに置かれたアナログテーブル

    アナログテーブルの曲線的でスマートなデザインは、モダンインテリアとの相性も良好。

    現代風の小物や家具などと組み合わせれば、洗練された空間を作れるようになります。

    また、温かみのあるアナログテーブルを設置することで、モダンにまとめた空間を尖らせすぎないようにする効果も期待できます。

    スタイリッシュなアナログテーブルで北欧家具を楽しもう

    ダイニングに置かれたアナログテーブル

    アナログテーブルは、北欧家具メーカーとスペイン人デザイナーのコラボレーションで生まれたスタイリッシュな次世代テーブルです。

    ほかに類を見ない人と人とのつながりを考えた形状は、まさにデジタル化が進む現代に必要なものといえます。

    さらに曲線的なデザインはスマートながらも温かみがあり、使い勝手を重視しているのが大きな魅力です。

    北欧の雰囲気を楽しめるテーブルを探している人や、大人数で快適に使えるテーブルを探している人は、ぜひアナログテーブルをチェックしてみてください。

      ABOUT US

      KAORIインテリアプランナー
      シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。