CH002があるタイムレスな空間|利便性とデザイン性の両立を実現

    曲線を豊富にあしらったフォルムと、穏やかな木目が魅力的なテーブル「CH002」。

    随所に取り入れられた丸みは美しく、素朴な木の質感を際立たせています。

    流行に囚われない簡潔なデザインは、空間を洗練された雰囲気に演出したい場合におすすめです。

    この記事ではCH002の魅力や特徴を紹介します。

    CH002とは?

    CH002は、デンマーク家具デザイナーの「ハンス・J・ウェグナー」によって1982年に設計されたダイニングテーブルです。

    創業100年を超える老舗デンマーク家具メーカーの「カール・ハンセン&サン」にて販売され、世界中で愛されるモダン北欧家具となりました。

    幅広いシチュエーションでの使用を考慮して作られたフォルムは、使いやすさとデザイン性に優れているのが魅力です。

    コンパクトで圧迫感も少なく、狭めのキッチンやダイニングなどにもフィットします。

    マンションなどの限られた空間で楽しむダイニングテーブルとして最適です。

    またCH002は、滑らかな曲線フォルムと温かみのある素朴な木目調を取り入れているため、ほかの家具と馴染みやすい点も特徴。

    汎用性が高く、さまざまなジャンルの家具やインテリアとマッチします。

    スペースに合わせて大きさを3段階で変えられる天板

    伸長式天板を採用しているCH002。

    設置スペースや使用人数に合わせて、天板のサイズを3段階で変更できます。

    普段は折りたたんでコンパクトに使用し、来客時などは伸ばして広々と使えるため使い勝手が抜群です。

    また折りたたんで使用する際の天板は四角い形状ですが、伸長板は角の丸まった形をしているため、伸ばすと天板が楕円形に変化するのも嬉しいポイント。

    サイズが大きくなっても両端が丸いため、雰囲気が柔らかく圧迫感も控えめです。

    さらに丸くなった角には椅子も配置できるため、両方の伸長板を伸ばせば最大6人まで座れます。

    普段はコンパクトでありながら、ちょっとしたホームパーティーや会食などでも十分活躍してくれる優れものです。

    ナチュラル好きにはたまらないエレガントな無垢材

    CH002のある空間

    CH002は、美しく温もりのある雰囲気が楽しめる木目が魅力的な無垢材を使用しているのも特徴です。

    木材に対する深い造けいがあったウェグナーだからこそ実現できた、ナチュラル好きにはたまらない素朴なテーブルといえるでしょう。

    またCH002は、無垢材のなかでも「ビーチ材」と「オーク材」を採用しています。

    ビーチ材

    ビーチ材は特有の白い模様が入っており、きめ細かく滑らかな質感を持っています。たとえば設置空間を明るい色合いで華やかに演出したい場合に最適です。しなやかさに加えて硬さも備えているため、耐久性にも優れています。

    オーク材

    オーク材は「虎斑(とらふ)」と呼ばれるしっかりとした木目があり、重厚感を味わえます。シックな雰囲気は、抜け感のあるCH002のフォルムを引き締めてくれるでしょう。さらにオーク材は非常に硬く反りにくいため長く使い続けることが可能。特別な手入れをしなくても、簡単な掃除で美しさを保てます。

    ビーチ材とオーク材はどちらも耐久性のある上質な木材ですが、少しずつニュアンスが異なるため、好みで選び分けてみましょう。

    CH002よりも大きめにデザインされた「CH006」

    CH006

    CH006は、CH002と同じデザインを採用した大きめサイズのダイニングテーブルです。

    CH002と同じくウェグナーによってデザインされ、90cm×90cmの天板を持つCH002に対し、90cm×138cmの広々とした天板を採用しています。

    CH002よりも圧迫感はありますが、広く余裕のある大きさからホームパーティーや複数人での作業などに最適です。

    さらに伸長式天板をセットすれば最大236cmまで伸びるため、料理や食器も心置きなくセットできます。

    CH002とよく似合う「CH24チェア」

    CH002のある空間

    CH002と同じくウェグナーが手がけた「CH24」は、美しく座りやすい曲線フォルムを取り入れたチェアです。

    滑らかなラインはCH002との親和性が非常に高く、セットで配置するのに適しています。

    ボディー部分にはCH002と同様のビーチ材やオーク材をはじめとする上質な木材を採用しているため、外観のマッチング度も抜群です。

    またCH24は、シート部分に北欧家具ならではのペーパーコードを使っている点も大きな特徴といえるでしょう。

    体によく馴染む座り心地で、長時間腰をかけていても疲れにくいのが魅力です。

    体を包み込むようなU字型になった背もたれは、ゆったりした楽な姿勢をサポートします。

    CH002・CH006の導入事例を紹介

    ここからは、CH002・CH006の導入事例を紹介していきます。

    CH002・CH006を購入しようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

    狭めのダイニングに設置するコンパクトなテーブルとして

    CH002のある空間

    伸長式天板を折りたたんだ状態だと90cm×90cmの小さめサイズで使用できるCH002は、スペースの限られたダイニングやリビングに設置するテーブルとして活躍します。

    とくに空間に余裕の少ないマンションやアパートなどのテーブルとして適しているでしょう。

    必要なときだけ天板を伸ばせるため、高い省スペース性と利便性の両方を実現します。

    来客者をもてなすパーティーテーブルとして

    CH002のある空間

    CH002の伸長式天板は、最大90cm×188cmという余裕のある広さを確保できるため、ホームパーティーや会食などにも最適です。

    たくさんの料理や食器を存分に置けるため、パーティーテーブルとして十分活用できます。

    手軽に折りたためるため、パーティー以外の日常ではコンパクトに使いたいといった要望に応えられるのも魅力です。

    汎用性の高い作業用テーブルとして

    CH002のある空間

    CH002は天板をコンパクトにもワイドにも使用できるため、スペースを必要とする作業用のテーブルとしてもおすすめです。

    書き物やPC作業といったスペースを必要としない作業から、資料や本を広げる作業まで十分に行えます。

    シェアハウスで使う大衆テーブルとして

    CH002のある空間

    CH002よりも大きいサイズのCH006は、最大90cm×236cmまで天板を伸ばせるため、大人数で使用する「大衆テーブル」としてもおすすめです。

    シェアハウスの共同スペースに設置すれば、大勢で食事や談話などが楽しめます。

    普段使用しないときには、折りたたんで部屋を広く見せることができるため圧迫感も感じにくいでしょう。

    柔軟性のあるCH002で家族や友人と楽しいひとときを過ごそう

    CH002のある空間

    今回は、温かみのある無垢材と伸長式天板を採用したCH002を紹介しました。

    随所に滑らかな曲線を取り入れたフォルムは、幅広い空間や既存の家具とよくマッチします。

    また流行に囚われないこだわりのデザインも魅力的で、室内を程良い抜け感とモダンな雰囲気で演出したい場合に合わせてみましょう。

    シンプルで飽きのこない美しいダイニングテーブルを探している人は、ぜひCH002をチェックしてみてください。

      ABOUT US
      KAORIインテリアプランナー
      シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。