CH445の特徴と導入事例|ラグジュアリーな空間を楽しめるラウンジチェア

    「CH445」は、ラグジュアリーで高級感あふれるラウンジチェアです。

    滑らかなカーブを描く背面がまるで翼のように見えることから、別名「ウィングチェア」とも呼ばれています。

    さまざまな姿勢で座ることを想定されたフォルムが特徴的で、どのような座り姿勢であっても体がすっぽりと包み込まれるような感覚を楽しめるでしょう。

    この記事ではCH445の特徴と導入事例を紹介していきます。

    CH445とは?

    CH445のある空間

    「CH445」は1960年に「ハンス J. ウェグナー」によってデザインされた、ハイセンスなラウンジチェアです。

    当時の生産量はごくわずかなものでしたが、その後2006年に北欧家具メーカーの「カール・ハンセン&サン」がウェグナーのオリジナル図面をもとに忠実に復刻させました。

    高級感をおぼえる重厚なデザインは、復刻後またたく間に注目を集め、今では世界から愛されるウェグナーの代表作となっています。

    復刻されたCH445が世界で愛されるようになったのはダイナミックで芸術的なフォルムと、さまざまな姿勢で座ることを想定したデザインにあるでしょう。

    北欧家具の巨匠であるウェグナーのセンスが光る逸品です。

    安心感を生む芸術的なフォルム

    フレームには強度が高く弾力性のある無垢ビーチ材を使用しており、なめらかな曲線を描くフォルムが実現されています。

    そしてフォルムに沿って美しく施された張地加工は、チェア全体をよりラグジュアリーな雰囲気に仕立てました。

    ボリュームのあるフォルムを支える脚には、細身ながらも安定感のあるステンレススチールが用いられており、どんな体型の人でも安心して座れる力強さを感じるでしょう。

    計算されつくした設計と機能性により、極上の座り心地でありながらウェグナーらしいダイナミックで芸術的なフォルムを楽しめるチェアといえます。

    さまざまな姿勢で座ることを想定したデザイン

    CH445は、さまざまな姿勢で座ることを想定したデザインも特徴的です。

    たとえば、広くとられた座面と背面は脚を曲げて丸まって座ることも可能にし、自分の好きな姿勢でくつろぎの時間を過ごせます。

    もちろんCH445の極上な座り心地を実現するための工夫もあります。

    座面が後傾し脚のほうに向かって少し高くなるようにデザインされているため、座るだけで腰が沈み込み、深いリラックス状態を感じられるでしょう。

    また背面にもたれたときには、背中と首元がしっかりサポートされるよう計算してつくられており、長時間座ることを考慮された安定性を感じます。

    素材は「ファブリック」または「レザー」の2種類

    CH445の素材は柔らかな「ファブリック」と、高級感漂う上質な「レザー」の2種類から選べます。

    ファブリック素材なら温かみのある雰囲気を楽しめるでしょう。一方でレザー素材ならワンランク上の高級感を堪能できます。

    加えてブラックやホワイトなどの定番カラーをはじめ、豊富なカラー展開が魅力のCH445。

    部屋の雰囲気や好みに合わせてお気に入りの一脚を選んでくださいね。

    CH445と合わせるとさらにリラックスできる「CH446」

    CH445のある空間

    CH445と合わせて使用してほしい「CH446」は、軽快なフォルムながらも世代を超えて使用できる高い耐久性を備えたフットスツールです。

    CH445とCH446を合わせて使用すると、腰掛けたときに脚を伸ばしてゆったり座れるため、より深いリラックス状態を感じられるでしょう。

    さらにCH446のみで簡易的なチェアとしての活用もできます。

    空間を有効活用したりちょっとした小物を置いたりと、インテリアの幅を広げてくれる優秀なアイテムともいえるでしょう。

    CH445の導入事例を紹介

    ここからはCH445の導入事例を紹介します。

    組み合わせ方次第でリラックスできるリビング空間や洗練されたオフィス、高級感溢れるカフェ風の雰囲気を演出できます。

    さまざまなシーンで活躍できるCH445で、ぜひ自分だけのお気に入りの空間を作ってください。

    CH446と組み合わせてシンプルなリビングの主役に

    CH445のある空間

    CH446と一緒にリビングのメインソファとして配置すると、一気にホテルライクでリラックスできる空間が完成します。

    より高級感を高めたいなら、部屋全体はシンプルなインテリアで揃え、CH445とCH446を引き立てるように組み合わせましょう。

    空間も広くとり、あえてCH445の周りにはなにも置かないようにするのも素敵です。

    大ぶりなサイズで圧倒的存在感を誇るCH445とCH446ならではのコーディネートを存分に楽しめます。

    コンパクトなサイドテーブルでリラックス空間を作る

    存在感のあるCH445にコンパクトなサイドテーブルを合わせれば、利便性を向上させながらもインテリア同士のコントラストを楽しめます。

    CH445の脚は細身のステンレススチールなので、スリムなデザインのサイドテーブルとよく馴染むでしょう。

    サイドテーブルの素材は木材を選ぶと北欧インテリアとしてまとまりが出ます。

    贅沢なコーヒータイムを楽しめるリラックス空間に仕上げたいときにおすすめです。

    ソファの2つ置きでフレキシブルに活用できる

    ソファを2つ配置すると、家族が多い家庭でもリビングをフレキシブルに活用できます。

    たとえば重厚感のあるCH445をメインに、小ぶりな2人掛けソファを合わせてコーディネートすれば、重さと軽さのコントラストを楽しめるでしょう。

    ソファを2つ配置するときは正面に向かい合わせて置くよりも、正面から角度をつけて配置してみてください。

    開放感が出てリラックスできる空間になるでしょう。

    オフィスの応接室や社長室に

    CH445のある空間

    高級感漂うCH445は、オフィスの応接室や社長室にもピッタリです。

    レザー素材ならワンランク上のシックな空間を、柔らかいファブリック素材ならお客様を温かく迎える空間を演出できるでしょう。

    上質な応接室や社長室は、会社全体の印象も底上げします。

    そしてCH445はお客さまが思わず見入ってしまうような魅力的な空間作りに最適です。

    高級感あふれるホテルのカフェスペースにも

    CH445のある空間

    高級感を重視したホテルのカフェスペースにもマッチするCH445。

    存在感があるため、窓際に置くと外から見ても上質なカフェとして印象づけられます。

    外を歩く人も思わず立ち寄りたくなるような、インパクトのあるカフェスペースに仕上がるでしょう。

    ラグジュアリーな雰囲気のCH445で贅沢な空間を作ろう

    この記事ではラグジュアリーな雰囲気を楽しめるCH445の特徴や導入事例を紹介しました。

    どんな姿勢でも体をすっぽりと包み込むような優しい座り心地のチェアで、贅沢なリラックス時間を過ごせるでしょう。

    ぜひラグジュアリーな雰囲気を楽しみながら、自分だけの空間を作り上げてください。

      ABOUT US
      KJ設計士
      自然を愛する設計士。光や風、植栽を上手に取り入れる洗練させた空間提案が得意。実は一年中海に通うサーファーでもある。一見強面だが実は猫が好き。今日もお客様の喜ぶ顔を思い浮かべ、ペンを走らせる。