スパニッシュチェアと過ごす心地よいおしゃれ空間|魅力や導入事例を紹介

    「スパニッシュチェア」はデンマークの家具デザイナーである「ボーエ・モーエンセン」が手掛けた、シンプルで洗練されたラインが魅力のラウンジチェアです。

    天然素材を活かした力強く素朴な美しさはモーエンセンの代表作として根強い人気を集めています。

    この記事ではスパニッシュチェアの魅力やコーディネート例を紹介します。

    スパニッシュチェアとは?

    1958年に誕生した「SPANISH CHAIR(スパニッシュチェア)」は、背もたれと座面に大胆に使われた厚手の一枚革や、幅の広いアームが特徴のラウンジチェアです。

    デザインはデニッシュモダンを牽引するデザイナーの一人である「ボーエ・モーエンセン」。

    制作を担当したのは50年以上に渡りデンマークのクラシック家具を製作し続ける「Fredericia(フレデリシア)」です。

    スパニッシュチェアは、モーエンセンが旅行中に見かけた「一枚革を使った椅子」に着想を得てデザインされたことからその名が付けられました。

    機能を兼ね備えたタイムレスなデザインは現代のインテリアにもマッチし、部屋に配置するとおしゃれで洗練された印象にしてくれます。

    スペインの伝統様式を取り入れたフォルム

    前述のとおり、スパニッシュチェアの起源はモーエンセンがスペイン旅行中に出会った「貴族が使っていた椅子」です。

    スペインの伝統的な椅子の装飾性を最低限に抑え、形やラインをモダンに洗練し、モーエンセンの解釈でシンプルにリデザインされました。

    現代的な要素を加えながらも歴史を感じられるフォルムは、ラウンジチェアの傑作として今もなお愛され続けています。

    使うほどに体に馴染む革の背もたれと座面

    スパニッシュチェアのある空間

    背もたれと座面に使われた一枚ものの大きな皮革が特徴的なスパニッシュチェア。

    厚手の革を使った座面は使うほど柔らかくなって体に馴染み、適度なたわみ具合が包み込むような抜群の座り心地を生み出します。

    経年変化とともに革が伸びてしまった場合は、背面と座面の裏側にあるベルトで革の張り具合を調整できるため、良質な座り心地を保てる点も大きな魅力です。

    皮革は長年の使用で色も味わい深く変化し、時間をかけて育てる楽しみもあります。

    使うほどに自分のものになっていくため、より愛着が湧き、長く大切に使っていきたくなる家具になるでしょう。

    ちょっとした小物置きにできる広めのアーム

    スパニッシュチェアのある空間

    二つの機能をもつようにデザインされた幅が広いアームもスパニッシュチェアの特徴の一つです。

    広めのアームは本来の機能だけでなく、サイドテーブルとしても利用できます。

    実用性も兼ね備えたアームには小物や本、コーヒーなどを置けるため、ゆったりとくつろぐ時間には欠かせないアイテムになるでしょう。

    「革×木材」で上品な椅子になる

    北欧らしい素材の質感を感じるオーク材のフレームと、馬具に使われる上質で厚みのあるバッドレザーの組み合わせの美しさはスパニッシュチェアの大きな魅力です。

    背もたれの革にはバリエーションが3色あります。

    • 軽やかで優しい雰囲気を演出できる「ナチュラル」
    • おしゃれで個性的な印象の「コニャック」
    • シックで落ち着いた存在感の「ブラック」

    フレームは「オーク」と「スモークドオーク」の2種類があります。

    • オーク
      温かみのある柔らかな印象を与え、明るく自然な色合いが持ち味
    • スモークドオーク
      深みのある濃い色合いは、重厚で落ち着いた雰囲気を醸し出します。高級感のあるインテリアとよく合い、強い存在感を発揮するでしょう。

    そして仕上げは「オイル仕上げ」と「ソープ仕上げ」の2種類から選べて、さらにブラックのみ「ラッカー仕上げ」も選べます。

    たとえば深みのあるシックな雰囲気が好みなら、水分を含んだようなしっとりとした触り心地が特徴のオイル仕上げが適しています。

    オイルを染みこませるため落ち着いた濃い色になり、経年変化を楽しめるでしょう。

    またソープ仕上げは白っぽい木材の美しさと質感をそのまま堪能できます。

    さらっとした触り心地が特徴で、柔らかくナチュラルな印象が人気です。

    実際に書斎でスパニッシュチェアを愛用していたモーエンセン

    モーエンセンは自邸のためにデザインしたスパニッシュチェアを、実際に書斎で愛用していました。

    本人が吸ったであろう煙草の灰の跡や飲み物をこぼした跡が残っているその姿は、今も本人がそこにいるかのように人となりを記憶しています。

    スパニッシュチェアは「使えば使うほど、自分に近づく」、まさに人生を共に歩む一生ものの椅子なのです。

    スパニッシュチェアの導入事例を紹介

    ここからはモダンクラシックなスパニッシュチェアのコーディネート例を紹介します。

    部屋をおしゃれで洗練された雰囲気に仕上げたい人、シンプルで機能的な家具で快適なくつろぎの時間を過ごしたい人はぜひ参考にしてください。

    リビングでのくつろぎの時間に

    スパニッシュチェアのある空間

    まずはリビングなどのくつろぎの空間に配置してみましょう。

    座面が低くゆったりとしたサイズのスパニッシュチェアはリラックスタイムに最適です。

    アームに飲み物などを置けばサイドテーブルが不要なため、空間を広々と使えるのも魅力です。

    また洗練された雰囲気は、いつも過ごすリビングをおしゃれな空間に導いてくれるでしょう。

    書斎での椅子として活用する

    スパニッシュチェアのある空間

    モーエンセンと同じように、書斎に配置しても楽しめます。

    ちょっとした仕事や書きものをするときにも、心地よい座り心地とゆったりと腕を支えてくれる幅広のアームが活躍します。

    シンプルで機能的なデザインは書斎の雰囲気を壊さず、より快適な空間へと変えてくれるでしょう。

    スタンドライトと組み合わせて

    自分だけのゆったりとした時間を過ごすスペースに配置してみてもよいでしょう。

    スタンドライトと組み合わせると手元を明るく照らしてくれるため、読書をするのに最適です。

    広めのアームには肘をかけたり本を置いたり、お気に入りの飲み物を置いたりできます。

    座り心地もよく安らいだ気分で、より快適な読書タイムが過ごせるでしょう。

    おしゃれなカフェのインテリアとしても

    スパニッシュチェアのある空間

    配置するだけで絵になるスパニッシュチェアは、カフェなどのお店でもインテリアとして大活躍します。

    天然素材の組み合わせが美しく洗練されたデザインは、カフェのようにおしゃれな空間にもよく溶け込むため、お店を訪れるお客さまに優雅で心地よい時間を過ごしてもらえるでしょう。

    長く愛したくなるスパニッシュチェアで特別な空間を作ろう

    この記事では天然素材を活かしたタイムレスなデザインが人気のスパニッシュチェアについて、魅力やコーディネート例を紹介しました。

    使えば使うほど味わい深く変化し、さまざまな表情をみせてくれるスパニッシュチェアは、長く愛したくなる一生ものの椅子です。

    部屋をおしゃれでモダンな印象に仕上げたい人、愛着の湧く自分だけのチェアを探している人はぜひモーエンセンのスパニッシュチェアを取り入れてみてください。

      ABOUT US
      さときちセールスマネージャー
      大手住宅メディア出身の工務店オタク。工務店の家づくりの魅力を広めるために東京から2時間かけて通勤。趣味は愛犬キャバリアと北欧家具を愛でること。最近の悩みは椅子を買いすぎて妻に「あなたは何人家族ですか?」と言われること。