北欧家具CH28Pで作る洗練された空間|その魅力と機能性を解説

    シャープなデザインと、深いリラックス状態へと導く機能性が融合したチェア「CH28P」は、部屋に置くだけで洗練された空間を作ることができます。

    その上品な佇まいは部屋をワンランクアップさせてくれるでしょう。

    この記事ではCH28Pの魅力とコーディネート例について紹介していきます。

    CH28Pとは?

    CH28Tのある空間

    CH28Pとは、デンマーク家具デザイナーの巨匠「ハンス・J・ ウェグナー」によってデザインされた一人掛けのラウンジチェアです。

    世界中から愛される北欧家具メーカー「カール・ハンセン&サン」から販売されています。

    非日常を感じさせるくつろぎの空間を演出するために計算されつくした設計と、シャープで独創的なデザインが魅力です。

    部屋の主役にもなる程よい存在感のCH28Pは、幅広いシーンで活用できるでしょう。

    加えて全体的に豊富な曲線をあしらったフォルムは、柔らかく温かい印象を与えてくれます。

    シャープなデザインにセンスが光る

    CH28Pは無駄を極限まで削ぎ落としたシャープなデザインが印象的です。

    特筆すべきは、コンパクトな見た目からは想像できないほどの快適な座り心地でしょう。

    深く腰掛けられるように座面の奥側が下がっているデザインに設計されています。

    一度座ったら最後、立ち上がるのが困難なほどリラックスした贅沢な空間を楽しめます。

    洗練されたシャープな見た目と快適な座り心地に、きっとあなたも虜になってしまうでしょう。

    独創的な形状と丸みのあるアームで心地よさをプラス

    CH28Pの独創的な形状は、木工職人が使用するソーホース(逆V字の作業台)から着想を得て作られています。

    そのためシンプルでコンパクトな見た目とは裏腹に、安定感のある座り心地で座る人の体型を選ばずくつろげる点も嬉しいポイントです。

    さらに丸みのあるアームはまるでペンギンのようなかわいらしさがあり、ウェグナーの遊び心とセンスが感じられます。

    室内の雰囲気に合わせて選べる座面素材

    座面素材は、豊富なファブリックまたはレザーから自分好みの素材を選べます。

    温かみのあるファブリックを選べば、部屋全体が柔らかい空間となるしょう。

    一方で高級感のあるレザーを選べば、都会的な雰囲気を演出できます。

    さらに薄く張られた座面クッションは沈み込みが少なく、経年劣化による座り心地の変化もほとんど感じさせません。

    お部屋の雰囲気や好みの座り心地に合わせて選んでみてくださいね。

    CH28PとCH28T

    CH28PとCH28T

    CH28Pの前年に生産された「CH28T」は、CH28Pとまったく同じ形のチェアです。

    両者の違いは張地加工の有無にあります。

    これまでにも紹介してきたCH28Pは、ベースはナチュラルな雰囲気を持つオーク材を使用しているものの、座面と背もたれの張地加工によって快適な座り心地を実現しています。

    加えて選ぶ張地によっては、配置する空間に程よいインパクトを与えてくる逸品です。

    一方でCH28Tには、座面と背もたれに張地加工は施されていません。

    しかしそのシンプルなデザインが、温もりと美しい木目を全面的に引き立てているのです。

    CH28Pを部屋に配置すれば、木材と張地のコントラストを活かした温かみのあるコーディネートを堪能できるでしょう。

    また、より高級感のある都会的なコーディネートを組みたい場合にはCH28Tがおすすめです。

    CH28P・CH28Tの導入事例を紹介

    ここからはCH28PとCH28Tの導入事例を紹介します。

    洗練された大人な空間を楽しみたい人、リラックスできる空間を作りたい人はぜひ参考にしてみてください。

    CH28Pをポイントに洗練されたリビングルーム

    重厚感のあるブラックレザー加工のCH28Pを選べば、置くだけで一気に洗練されたリビングルームを楽しめます。

    日本のリビングルームは、家具同士の色味やサイズ感のバランスを重視した組み合わせが定番です。

    しかし、あえてCH28Pが主役になるような家具配置に挑戦してみてもよいでしょう。

    存在感のあるブラックレザー加工のCH28Pを中心に、コンパクトなローテーブルでスッキリとまとめてみてください。

    程よく引き締まった上質な大人のリビングルームが完成します。

    スタンドライトとサイドテーブルで贅沢なリラックス空間に

    深く腰掛けられて体をすっぽり包んでくれる設計のCH28Pは、リラックス空間を作りたい場合にも最適です。

    そこで高さのあるスタンドライトとサイドテーブルでコーディネートを組んでみましょう。

    上からの光で手元を照らし、思わずコーヒーを片手に読書をしたくなるような贅沢なくつろぎ空間となります。

    オフィスのエントランスやカフェスペースに

    CH28Tのある空間

    CH28Pは自宅のみならず、オフィスのエントランスやカフェスペースにも特別感を演出してくれます。

    エントランスはお客様を最初に迎える大切な空間。

    CH28Pの人目を惹きつけるデザインと機能性で、歓迎の気持ちを表しましょう。

    また機能性を考慮すると質素な印象になりがちなオフィスでは、CH28Pを主役としたスペース作りを行うことで自然とエレガントで印象的な空間を作り出せるでしょう。

    さまざまな人が自分の時間を楽しむカフェスペースに設置すれば、わざわざ出向いてくださったお客様に癒しの時間を与えてくれます。

    CH28Tと観葉植物を組み合わせれば北欧カフェのような自宅に

    観葉植物と一緒にコーディネートすることで、スタイリッシュなCH28Tならではの美しい木目がさらに際立ちます。

    CH28Tに合わせる観葉植物は、座ったときに見上げられるような背の高い植物がおすすめです。

    そしてオーク材またはウォールナット材が映える、色鮮やかな緑の葉を持つ植物がよく馴染みます。

    まるで北欧のカフェにいるかのような空間に仕上げられるでしょう。

    深いリラックスタイムを過ごせるCH28Pで自分自身と向き合おう

    CH28Tのある空間

    今回は、上品でクラシカルな佇まいが魅力のCH28Pについて特徴やコーディネート例を紹介しました。

    CH28Pは曲線美を感じさせるシャープなデザインで、置くだけで部屋のコーディネートを格上げしてくれるラウンジチェアです。

    座った瞬間、深く沈み込むようにリラックスタイムを過ごせるCH28P。

    無心で自分自身と向き合う時間が欲しいと考えている人は、ぜひCH28Pで極上の時間をお過ごしください。

      ABOUT US
      さときちセールスマネージャー
      大手住宅メディア出身の工務店オタク。工務店の家づくりの魅力を広めるために東京から2時間かけて通勤。趣味は愛犬キャバリアと北欧家具を愛でること。最近の悩みは椅子を買いすぎて妻に「あなたは何人家族ですか?」と言われること。