CH07の魅力や導入事例を紹介|ユニークで洗練された空間を楽しむ

    独創的なデザインが魅力のユニークなイージーチェア「CH07」。

    どの角度から見ても美しいフォルムと快適な座り心地は人々を魅了し、名作チェアの一つとして今もなお世界中で愛されています。

    この記事ではCH07の魅力やコーディネート例を紹介します。

    CH07とは?

    CH07のある空間

    500脚以上の名作を世に生み出したデンマークの椅子の巨匠「ハンス・J・ウェグナー」が手掛けた「CH07」は、目を見張るほど美しく独創的なシルエットが魅力のイージーチェアです。

    1963年の発表当時、その斬新なデザインは業界で注目を浴びましたが一般的には受け入れられませんでした。

    しかし1998年、デンマークの家具メーカー「カール・ハンセン&サン」にて復刻されるとすぐに大きな反響を呼び、今では名作チェアの一つとして知られる存在になりました。

    大きな曲線を描くゆったりとした座面は快適な座り心地を生み出し、優雅なくつろぎの時間を過ごせます。

    また彫刻のような上品で優美なフォルムは、部屋をスタイリッシュでおしゃれな空間へと導いてくれるでしょう。

    一度見たら忘れられない斬新なフォルム

    CH07のある空間

    広げた羽を連想させるシルエットと、テーパーのついたアーチ型の脚が流れるような軽快な印象を作り出し、オブジェのような存在感を放つCH07。

    その斬新なフォルムにはウェグナーの椅子へのこだわりが詰まっており「どこから見ても美しい形、表裏があってはならない」といった信条を最大限に表現しています。

    ユニークな部屋にしたい場合や、空間に加えるアクセントを探している場合におすすめです。

    成形合板で作られた耐久性のある骨組み

    CH07の素材

    3種類から選べる成形合板でできた座面と背もたれは、緩やかなカーブと丸みを帯びた優美なデザインが印象的です。

    • ビーチ材
    • オーク材
    • ウォルナット材

    この成形合板は軽量ながら確かな強度と耐久性を持ち合わせており、世代を超えて永く使える作りとなっています。

    張地によって使用感が向上し、さらにリラックスできる

    CH07

    CH07の最大の魅力ともいえる、エレガントなカーブを描く座面と背もたれ。

    背もたれの程よい傾斜は包み込むような安心感があり、ゆったりと身体を預けられます。

    さらに張地によって使用感が向上し、よりリラックスできる快適な座り心地を実現します。

    安定感のある抜群の座り心地はずっと座っていたくなる心地よさを生み出し、部屋に欠かせない大切なインテリアの一つとなるでしょう。

    多様なシーンに合わせられる素材

    CH07の仕様

    CH07のもう一つの魅力は、豊富な素材のバリエーションです。

    レザーとファブリックの2種類からなる張地にはさまざまなカラーや素材があり、好みや配置したい場所の雰囲気で選べます。

    たとえば皮革本来の自然な風合いと肌ざわり、経年変化が楽しめる「レザー」。

    ブラックやブラウンといったシックで落ち着いた色を選べば、上品で高級感のある雰囲気を味わえます。

    一方で「ファブリック」は温かみがあり、種類によって異なった表情を楽しめるのが魅力です。

    グレーやベージュ、カーキのカラーはどのような空間にも合わせやすく、ナチュラルで柔らかな雰囲気を演出できます。

    またブラウンとホワイトをミックスさせた牛革はほかにはない個性を演出でき、センスの良い空間を作りあげます。

    張地はチェアのイメージを左右する重要なアイテムです。

    豊富な選択肢から素材やカラーを選べるのは嬉しいポイントであり、自分で選んだ張地を施したCH07はより愛着の湧く一生ものの家具となるでしょう。

    クヴァドラ社の「フィヨルド」をあしらったCH07

    ファブリックにはクヴァドラ社の生地「フィヨルド」も選べます。

    クヴァドラ社は世界的に評価の高い北欧のファブリックメーカーです。

    フィヨルドは手織りされたウール製の生地で、北欧の風景に見られる豊かな自然の色合いからインスピレーションを得た落ち着きのある深いカラーが特徴です。

    同社のフィヨルドをあしらったCH07はシックで飽きが来ず、部屋を優しくおしゃれな印象にしてくれるでしょう。

    成形合板の先駆者たちから影響を受けてデザインされたシェルチェア

    貝のようなフォルムから「シェルチェア」として知られ、その美しさで世界中の人々を魅了し続けるCH07。

    ウェグナーは成形合板の先駆者である「アルヴァ・アアルト」や「チャールズ・イームズ」の椅子に影響を受けてこのシェルチェアをデザインしました。

    そのミニマルで洗練されたフォルムはさまざまな空間に違和感なく馴染み、オブジェのような存在感を発揮します。

    さらに優れた使用感もあわせ持ち、部屋の主役にもなる実用的でユニークなチェアとして人気を集めています。

    CH07の導入事例を紹介

    ここからは、人々の心を掴む特徴的で美しいフォルムが魅力のCH07を使ったコーディネート例を紹介します。

    部屋をエレガントでモダンな印象に仕上げたい人、美しく独創的な家具でおしゃれなインテリアのアクセントが欲しい人はぜひ参考にしてください。

    くつろぎの時間を過ごすリビングに

    CH07のある空間

    まずは多くの時間を過ごすリビングに配置してみましょう。

    包み込むような安定感のある座り心地は、ゆったりとした休息の時間にぴったりです。

    サイドテーブルと組み合わせるとコーヒーや紅茶といった飲み物やお気に入りのお菓子も置け、いつものリビングで優雅なカフェタイムが堪能できます。

    また美しくスタイリッシュなフォルムはインテリアのアクセントになり、見慣れたリビングをおしゃれな空間に導いてくれるでしょう。

    読書や趣味の時間を楽しむときに

    CH07のある空間

    CH07は読書をしたり編み物をしたりといった趣味の時間にも活躍します。

    成形合板で作られたフレームは見た目のわりに軽量で簡単に持ち運べるため、気分によってお気に入りの場所に移動できます。

    座り心地もよく、手元を明るく照らすスタンドライトと組み合わせればさらに快適な趣味の時間を楽しめるでしょう。

    おしゃれなカフェのインテリアとして

    CH07のある空間

    独創的で目を引く優美なフォルムはおしゃれなカフェに配置しても注目を集め、センスの良いインテリアとして活躍します。

    同じ北欧デザインのテーブルと一緒に配置すれば、モダンで洗練された空間を演出できるでしょう。

    優雅で上質な雰囲気が加わり、訪れるお客さまにより楽しいひとときを過ごしてもらえます。

    芸術品のように美しいCH07で上品な空間を作ろう

    CH07のある空間

    この記事では独創的で美しく、タイムレスなデザインが人気を集めるCH07について魅力やコーディネート例を紹介しました。

    彫刻を思わせる上品で美しい佇まいはウェグナーの代表作として現在でも多くの人から注目を集めています。

    優雅で上質なくつろぎの空間でゆったりとした時間を過ごしたい人は、ぜひウェグナーのCH07を取り入れてみてください。

      ABOUT US
      さときちセールスマネージャー
      大手住宅メディア出身の工務店オタク。工務店の家づくりの魅力を広めるために東京から2時間かけて通勤。趣味は愛犬キャバリアと北欧家具を愛でること。最近の悩みは椅子を買いすぎて妻に「あなたは何人家族ですか?」と言われること。