素材を問わず上質な作品を生みだすカイ・ボイスン|歴史や代表作を紹介

    「カイ・ボイスン」はデンマークを代表するデザイナーの一人です。

    ステンレスのシンプルなカトラリーシリーズや、愛嬌のある木製の人形は、日本でも人気があります。

    この記事では、カイ・ボイスンの生い立ちや代表作について詳しく解説します。

    美術工芸の先駆者カイ・ボイスンとは?

    カイボイスン

    1886年にデンマーク人として生まれたカイ・ボイスン。

    機能性主義の考え方をデンマーク工芸に用いて、現代のデザインの先駆けとなりました。

    なかでも有名なのが、1938年にデザインされたステンレスのカトラリーシリーズです。

    デンマーク王室や、各国のデンマーク大使館でも使用され、発売から50年以上が経つ現在も、多くの人に愛用されています。

    1930年代には、自身の長男の誕生を機に、木工作品の制作をスタートしました。

    カトラリーとは異なる作風の木製玩具は、北欧インテリアが好きな人を中心に日本でも人気を集めています。

    ジョージ・ジェンセンで修業を積む

    20歳だったカイ・ボイスンは、ジュエリーや時計を中心に取りあつかうブランド「ジョージ・ジェンセン」に約4年間勤務し、修業を積みます。

    1910年には、コペンハーゲンで銀細工師を目指し、独立を果たしました。

    デン・パーマネンテを設立し時代の先駆けに

    1920年代には、当時のホルムガード社社長「クリスチャン・クラウベル」と共に、先進的なデンマークデザインを扱うセレクトショップ「デン・パーマネンテ」を設立。

    現代デザインの先駆けとなる活動をスタートさせます。

    カトラリーシリーズで一躍有名になる

    1938年に手掛けたカトラリーシリーズにより、カイ・ボイスンの名が世間に広がりました。

    もともとはシルバーカトラリーとしてデザインされましたが、戦時中のため素材となる銀の供給が困難に。

    そこで当時の工芸品としては珍しい、ステンレスを用いることにしたのです。

    シンプルながら上品さが漂うデザインは、北欧だけでなく世界各国の人々から高く評価されました。

    1951年に、おこなわれた国際的なコンテスト「ミラノトリエンナーレ」において、3年連続で最優秀賞を獲得。

    そのときに「グランプリ カトラリー」と名付けられ、発売と同時に大きな話題を呼びました。

    カトラリーシリーズが日本で生産されるように

    1991年ステンレスのカトラリーシリーズは、日本での製造を依頼されます。

    きっかけは、デンマークのデザイナー「オーレ・パルスビー」と、新潟燕三条(つばめさんじょう)の金属加工メーカー「大泉物産」の出会いでした。

    高い研磨技術に魅了されたパレスビーが、当時カイ・ボイスンの経営をおこなっていたローゼンダール社に大泉物産を紹介したことが、カトラリーの生産につながりました。

    2011年には、持ち手の先端が丸みを帯びたデザインにリニューアルしています。

    同名ブランドとして独立を果たす

    2011年、カイ・ボイスンの生誕125周年をきっかけに、自身と同名であるブランド「カイ・ボイスンデンマーク」として独立を果たします。

    それまで、彼が亡くなってからの約30年間は家族が経営し、1991年には現在の「ローゼンダール・デザイングループ」が木製商品の商標権を受け継ぎ「ローゼンダール社 コペンハー ゲン」として、復刻生産をしていました。

    現在はカイ・ボイスンデンマークとして、彼の思いを継ぎながら数々の作品を再び世に送りだしています。

    カイ・ボイスンの代表作4選

    銀細工師としての技術をもつカイ・ボイスン。

    定番のカトラリーシリーズはもちろん、ユーモラスな印象の木の玩具も人気です。

    ここからは、カイ・ボイスンの代表的な作品を4つご紹介します。

    上品な佇まいのグランプリ カトラリー

    カイボイスンのカトラリー

    1938年にデザインされた「グランプリ カトラリー」。

    全28種類の豊富なバリエーションや使い勝手の良さ、手にしやすい価格が魅力です。

    シンプルかつ上品なフォルムは合わせる食器を選ばず、家庭の食卓やレストラン、ホテルなど、さまざまな場所で愛用されています。

    加工はマットとミラーの二種類。好みや使うシーンに合ったタイプを選べるのが嬉しいですね。

    アイコン的存在のモンキー

    カイボイスンの木製玩具

    あどけない表情のモンキー。カトラリーシリーズと並び、カイ・ボイスンを象徴する作品です。

    温もりある木の質感と、丸みを帯びたフォルムが特徴的。

    もともとは子供用のコートフックとして、1951年に発表されました。

    現在は玩具として販売されており、モンキーの手にはモノを引っ掛けることができます。

    座らせてスマートフォンやポストカードスタンドにしたり、ウォールシェルフなどに、ぶらさげたりするなど、使い方のアイデアは無限大です。

    北欧カラーのソングバード

    「ソングバード」はモンキーと同じく、木製の人形です。

    カイ・ボイスンが暮らしていた、コペンハーゲンの自宅の庭に集う、小鳥からインスピレーションを受けてデザインされています。

    北欧らしいポップなカラーリングは、インテリアのアクセントに最適です。

    一つ一つ職人が手づくりしており、温もりを感じる作品に仕上がっています。

    また、それぞれにカイ・ボイスン本人や、彼の家族の名前が付けられているのも、愛着がわく理由の一つです。

    木の質感に癒されるベア

    カイボイスンの木製玩具

    丸い体と顔に癒される、木製の小熊。

    角がなく、木ならではの優しい触り心地が魅力のフィギュアです。

    お腹にはホワイトメープル材が使用されており、経年変化が楽しめます。

    手足と体はゴムでつながっているため、好きなポーズに変えることも。

    子供の玩具としてはもちろん、インテリアアイテムとして大人にもおすすめの作品です。

    素材を問わず質の高い作品を手掛けたカイ・ボイスン

    カイボイスンの木製玩具

    木工や金工といった素材の種類に関わらず、質の高い作品を数多く手掛けたカイ・ボイスン。

    デンマーク王室にも認められた確かな品質はもちろんのこと、普段の暮らしに馴染むデザインが多くの人の心を惹きつけました。

    ぜひ実際に手にとり、長年愛され続ける理由を探ってみてくださいね。

      ABOUT US
      だんご家具販売スタッフ
      雑貨と家具に興味があり、日々大好きなものに囲まれながら仕事しています。話すこと、食べることも大好きなので、接客の際に商品提案のお話だけでなく、お客様から美味しいお店の情報を仕入れることも大切にしています。