優しさが詰まったCH410|大切なお子さまに贈りたい北欧チェアの魅力とは?

    柔らかな風合いのビーチ材のみで作り上げた「CH410」は、大切なお子さまに贈りたくなる子ども用の北欧チェア。

    まるで3Dパズルのように組み立てるチェアは、親子で作る楽しい思い出となります。

    安全に配慮されたデザインなので、完成したあとも長く愛用できるのが魅力。

    この記事では、CH410の特徴や心温まる製作秘話、導入事例などを紹介します。

    CH410とは?

    CH410

    まるでおもちゃのように可愛らしいフォルムの「CH410」は、北欧家具デザイナーの「ハンス・J・ウェグナー」が、親友の子どものために製作したチェアです。

    人気の北欧家具ブランド「カール・ハンセン&サン」から販売されています。

    座る人のことを一番に考えるウェグナーならではの優しい工夫が詰まっているチェアで、自分の子どもにはもちろん、大切な人のお子さまへの贈り物としても人気の高いアイテムです。

    安全に配慮したこだわり

    小さなお子さまが利用するにあたり、最も気になるのは安全性でしょう。

    ウェグナーはそうした親心を汲み取り、とくに安全性を考慮してCH410を作り上げました。

    どこから見ても角のないデザインは、ケガのリスクを最小限に留めるよう考えられています。

    そして子ども用家具にぴったりな風合いのビーチ材を使用したチェアは、無塗装で仕上げられている点も特徴です。

    好奇心旺盛なお子さまがなめたりかじったりしても、有害な科学物質が口に入ることはありません。

    ちろん無塗装でもトゲやささくれを気にしなくていいように、丁寧にやすりがけをされています。

    ウェグナーの使う人を一番に思いやる気持ちが表れている作品といえるでしょう。

    組み立てに工具は不要

    組み立て式のCH410ですが、お子さまと一緒にパズルのような感覚で楽しみながら組み立てられるため工具は不要です。

    ただ座るだけではなく、完成するまでの過程も楽しい思い出になるようにと想いを込めた、ウェグナーのこだわりがうかがえます。

    工具を使わないため、経年で釘が出てきてしまったり、ネジが外れてしまったりといった心配もありません。

    家族で安心して、長く楽しく使える子ども用チェアなのです。

    子どもの遊び心をくすぐる可愛いデザイン

    数十年も前に作られたとは思えないほど、子どもの遊び心をくすぐる可愛らしいデザインが特徴的なCH410。

    まるでおもちゃの椅子のように見えますが、重みのあるビーチ材で作られているため安定した座り心地を実現しています。

    現代のインテリアにもしっくりと馴染むデザインのため、チープな印象になりがちな子ども部屋も柔らかな北欧空間となるでしょう。

    CH410とセットで贈ると喜ばれる「CH411」

    CH410とCH411

    CH410とセットで作られた子ども用テーブル「CH441」もあわせて紹介します。

    チェアと同様、ビーチ材で作られた工具不要の組み立て式テーブルです。

    両者が揃えば食事はもちろん、お絵描きやおままごとなどを存分に楽しめるおしゃれな子ども部屋が完成するでしょう。

    また、シンプルな見た目のCH411は、子どもが大きくなって使わなくなったら大人用としても転用できます。

    たとえばローソファ横に置くサイドテーブルや、玄関に配置する小物置きなど、さまざまな使い方が可能です。

    世代を超えて家族全員で長く愛用できる子ども用テーブルといえるでしょう。

    CH410が誕生したストーリー

    冒頭でも紹介したように、CH410はウェグナーが親友の子どものためにデザインしたチェアで、別名「ピーターズチェア」とも呼ばれています。

    ピーターとは、有名な北欧家具デザイナー「ボーエ・モーエンセン」の息子の名前。

    モーエンセンはウェグナーの親友であり、家具デザイナーとして同時期に活躍していました。

    第二次世界大戦中、モーエンセンから長男・ピーターの洗礼式に招待されたウェグナーは、親友の息子への贈り物を探していました。

    しかし戦時中ということもあり、理想の贈り物にはなかなか出会えません。

    そこでウェグナーは、自分自身で親友の息子のために家具を作ることにしたのです。

    こうして誕生したのが「CH410(ピーターズチェア)」と「CH411(ピーターズテーブル)」。

    ウェグナーの友人を想う妥協ない心から生まれた作品は高い機能性を持ち、現代でもさまざまなシーンの贈り物として世界中から愛されています。

    CH410・CH411の導入事例を紹介

    ここからはCH410・CH411の導入事例を紹介します。

    子ども部屋のコーディネートに悩んでいる人はぜひ試してみてください。

    柔らかな綿のカーテンと合わせて温かな光が差し込む空間に

    CH410とCH411のある空間

    ビーチ材ならではの優しい風合いは、柔らかく光を透かしてくれる綿素材のカーテンと相性抜群です。

    お子さまを包み込む温かな空間を演出できるでしょう。

    なお日光は免疫力を高めるビタミンDを生成するため、子ども部屋には非遮光でなく光を通すカーテンがおすすめ。

    カーテンを通した柔らかな光のなかで佇むCH410とCH411は、本格的な北欧の子ども部屋を連想させてくれるでしょう。

    市販のプレイマットと組み合わせる

    CH410・CH411は合わせる家具やインテリアを選ばない優しい色味なので、市販されているさまざまなカラーのプレイマットとも相性良く組み合わせられます。

    より北欧の子ども部屋に近づけるなら、クリームホワイトやライトブラウンなど、アースカラーのプレイマットを敷くのがおすすめ。

    一方でピンクやブルーなど子どもの好きなカラーをふんだんに使ったカラフルなプレイマットと合わせても、優しいビーチ材の風合いが際立つ個性的な空間になります。

    木製・パステルカラーのおもちゃを置いて優しい空間に

    CH410とCH411のある空間

    CH410・CH411のナチュラルな雰囲気に合わせたおもちゃや装飾で、子ども部屋を統一するのもよいでしょう。

    モデルルームのような印象をもたらすとともに、低刺激で優しい部屋になります。

    たとえば木製のおもちゃを増やしたり、パステルカラーの装飾をしたりと全体的に柔らかくまとめてみるのはいかがでしょうか。

    目から入る刺激は小さい子どもの脳に直接影響するといわれています。

    自然素材でできた木製のおもちゃやパステルカラーは視界の刺激が少なく、室内で過ごす時間が多くても安心です。

    大切な人のお子さまに贈るプレゼントにぴったりの北欧チェア

    CH410とCH411のある空間

    この記事では、CH410・CH411の特徴や導入事例を紹介しました。

    お子さまと一緒に楽しく組み立てられ、かつ安全性も最大限に考慮されたチェアとテーブルは、まさにウェグナーの優しさとアイデアが詰まった作品といえるでしょう。

    自分の子どもや、大切な人のお子さまに贈る出産祝いや誕生日プレゼントにぴったりです。

    ぜひCH410・CH411とともに、大切なお子さまの成長を見守る優しい空間を作り上げてみてくださいね。

      ABOUT US
      さときちセールスマネージャー
      大手住宅メディア出身の工務店オタク。工務店の家づくりの魅力を広めるために東京から2時間かけて通勤。趣味は愛犬キャバリアと北欧家具を愛でること。最近の悩みは椅子を買いすぎて妻に「あなたは何人家族ですか?」と言われること。