リトルジラフが時代を超えて愛される理由とは?特徴や活用例をご紹介

    リトルジラフは、1959年にアルネ・ヤコブセンが「SASロイヤルホテル」に向けてデザインした北欧家具です。

    どんな空間にも溶け込む上品かつモダンなルックスは、現代人の暮らしにも馴染みます。

    この記事ではリトルジラフの特徴や魅力、コーディネートアイデアをたっぷりとご紹介します。

    リトルジラフとは?

    レザータイプのリトルジラフ

    リトルジラフは、北欧を代表するデザイナーの一人「アルネ・ヤコブセン」がコペンハーゲンの「SASロイヤルホテル」のレストラン用に製作したチェアです。

    シェルとベースが木製フレームで縁取られ高い背もたれが印象的だったことから、「リトルジラフ」と名付けられました。

    このバージョンをベースにアルネ・ヤコブセンは、さまざまなデザインを試みます。

    そして生まれたのが、ローバックの4本脚タイプです。

    公共施設から自宅までさまざまな場所に調和するフォルムにより、ミッドセンチュリーの北欧デザインを代表するフリッツ・ハンセン社の象徴的な作品の一つとなりました。

    時代に左右されないモダンなデザイン

    2脚並ぶリトルジラフ

    リトルジラフは普遍的なデザインが魅力的。ほんのり丸みを帯びたフォルムが、上品さの中に柔らかさを感じさせます。

    安定感のある4本脚や高めに設定された背もたれ、適度に厚みのあるアームレストにより座り心地も抜群です。

    ダイニングやワークスペースなど日常使いはもちろんのこと、会社やホテルといったフォーマルな空間にも馴染みます。

    使用する場所を問わない上質なデザインと優れた機能性が、現代も多くの人から愛されている理由でしょう。

    選ぶ時間も楽しい豊富なバリエーション

    いろいろなタイプのリトルジラフ

    リトルジラフは座面の素材・色はもちろんのこと、キャスターの有無も選べます。

    張地の種類は、まるでオーダーメイドのようにバリエーション豊富。

    どれにしようか悩む時間も楽しめます。

    インテリアの雰囲気に合わせて選んだり直感でセレクトしたりして、ベストな1脚を見つけてくださいね。

    ベースは違った魅力をもつ2種類

    2タイプのリトルジラフ

    キャスター無しの4本脚タイプは、すっきりとした印象です。

    ベースは2タイプから選択できます。

    • クローム仕上げ
      シルバーの光沢が特徴のクローム仕上げは、洗練された雰囲気に。
    • ブラック粉体塗装仕上げ
      ツヤを抑えたブラック粉体塗装仕上げなら、シックにまとまります。

    レッグの色が違うだけでも印象が大きく変わるので、理想とする部屋のイメージを思い浮かべながらじっくり検討しましょう。

    張地はファブリックとレザーの2種類

    2種類の張地

    張地はファブリックとレザーの2種類から選べます。

    品質にこだわったファブリックは見た目の美しさだけでなく、耐久性にも優れているのが魅力的。

    また固定式と、取り外し可能なカバーリング仕上げの2種類から選べるのも嬉しいポイントです。

    レザーの張地は経年変化を楽しめるのが特徴。

    革の種類によって色合いが濃くなっていくものや淡くなっていくものなど、個性豊かです。

    また見た目の質感や手触り、メンテナンス方法なども、それぞれ異なります。

    各レザーがもつ性質を確認してから選ぶのがおすすめです。

    お手入れ簡単なカバーリング仕様

    カバーリング仕様のリトルジラフ

    リトルジラフのファブリックの張地には、固定式と取り外し式の2種類があります。

    カバーリング仕様は接着剤を使用しておらず、着脱が簡単です。

    シミ抜きやクリーニングも手軽におこなえるので、いつも清潔な状態をキープできます。

    デザインだけでなく実用性まで、きちんと考えられているのが嬉しいですね。

    リトルジラフの導入事例を紹介

    柔らかいフォルムに上品さを感じるリトルジラフ。

    ここからは、実際の活用アイデアをご紹介します。

    インテリアに取り入れるときの参考にしてくださいね。

    キャスター付きタイプはデスクチェアに最適

    キャスター付きのリトルジラフ

    キャスター付きのタイプはデスクチェアに最適です。

    机の高さや身長に合わせて調節できるので、長時間の作業も快適におこなえます。

    北欧のミッドセンチュリーモダンを感じさせるデザインも、ワークスペースにぴったりです。

    スタイリッシュなデスクライトを合わせるなど、他のアイテムとのコーディネートも楽しみましょう。

    スーパー楕円テーブルと組み合わせてダイニングに

    リトルジラフのある空間

    フリッツ・ハンセン社の名作の一つ「スーパー楕円テーブル」と組み合わせて使うのもおすすめです。

    絶妙なカーブを描くテーブルと、チェアの上品でモダンな雰囲気が相性抜群。

    テーブルとチェアのレッグのカラーを合わせると、空間全体のまとまりがアップします。

    リトルジラフは、もともとレストラン用にデザインされたこともあり、ダイニングチェアにぴったりです。

    ゆったりとした座り心地なので、リラックスしながら家族団欒を楽しめそうですね。

    またテーブル・チェア共に目立った角がないので、子供やペットがいる家庭でも安心して使用できるのもポイントです。

    長く愛用できるリトルジラフでインテリアを格上げしよう

    リトルジラフの置かれた空間

    丸みのある柔らかいシルエットに、さり気ない個性を感じるリトルジラフ。

    時代を超えて愛される普遍的なデザインが魅力です。

    またデスクチェアに最適なキャスター付きや、手軽にお手入れできるカバーリング仕様など、機能面も考慮されているのが嬉しいポイント。

    上品な雰囲気のリトルジラフを取り入れて、インテリアをアップデートさせてくださいね。

      ABOUT US

      cova
      「五感」と「空間提案」をテーマとする建築士。職人の手仕事が感じられるモノや空間は、視覚的な美しさだけでなく、触れた感触が心地よかったり、そこでの食事の味や音の響きにまで影響を与えるもの。机上で完結しない、現場でのインスピレーションを大切にしています。