モダンデザインを実現するCH101|上品な佇まいと座り心地が魅力のチェア

    シックで近代的な印象が強いソファ「CH101」。

    シャープな直線ラインを効果的に用いたフォルムや、ラグジュアリーな質感がタイムレスな美しさを実現しています。

    座り心地にも優れており、くつろぎを演出したい空間に最適です。

    この記事ではCH101の魅力や特徴を詳しく紹介します。

    CH101とは?

    CH101の仕様

    「CH101」は、椅子の巨匠として知られるデンマークの家具デザイナー「ハンス・J・ウェグナー」によって1970年にデザインされたソファです。

    70年代当時の生産量はわずかでしたが、デンマーク家具ブランドの「カール・ハンセン&サン」より、ウェグナーの生誕100周年記念を祝し2008年に復刻されました。

    現在では世界中で流通し、優美で流行に囚われないデザインが時代を超えて愛される名作チェアとして知られています。

    柔軟な座面と、体に馴染むシンプルなフォルムを採用しており、座り心地に優れたシングルソファとして幅広い空間へくつろぎの雰囲気を演出します。

    高級感あふれる皮革を採用したシングルソファ

    上品な艶感をもつ皮革を全面に採用し、伝統的で美しいラグジュアリーな佇まいを楽しめるCH101。

    タイムレスな直線ラインと皮革の高級感が融合したデザインは、設置空間を簡潔な美しさで演出できるのが魅力です。

    シックでありながら淡白になりすぎず、幅広いコーディネートに優美なアクセントを与えます。

    また皮革は熟練の張り職人によって手作業で仕上げられており、秀逸な加工で仕上げられているのも特徴です。

    程良い張り感と細部まで丁寧に作り込まれた表面は、洗練された雰囲気の立役者となっています。

    ステンレススチールで洗練された印象を与える

    CH101のモダンで洗練された印象を形作るのは、脚部分に採用しているステンレススチールです。

    直線ラインをシックな艶感で演出し、程良くフォーマルな佇まいを実現しています。

    工業素材であるステンレススチールとナチュラルな質感の皮革の組み合わせは、抜け感と上品さを絶妙なバランスで調和させているのも魅力です。

    またステンレススチールは、手作業で丁寧に磨くハンドポリッシュ仕上げを採用。

    機械的すぎない繊細なメタル感が印象的な表面は、洗練された輝きでチェア全体を演出します。

    モダンでありながら、上品さを引き立てる温かみを感じられる名作チェアです。

    使用感を高める羽毛を詰めたクッション

    座面に柔軟なフォームと羽毛を採用し、快適な座り心地を追求しているのもCH101の大きな特徴です。

    厚みたっぷりのクッションは、美しい重厚感だけではなく使用感も高めてくれます。

    体に自然と馴染む柔らかさで、負担の少ない座り姿勢をサポートします。

    またクッションフォルムは、ゆったりと座れるボリューム感があるのが特徴です。

    直線的で腕や背中を預けやすいアームレストと合わさり、シンプルながらもコンフォートを追求しています。

    タイムレスなデザインが目を引くCH100シリーズ

    近代的でタイムレスなデザインが魅力的なCH100シリーズには以下のサイズが展開されています。

    • CH101|1人掛け
    • CH102|2人掛け
    • CH103|3人掛け
    • CH104|4人掛け

    構造や素材、フォルムは同じのため近代的な演出はそのままに、スペースに合わせてサイズ感を選べるようになっています。

    またいくつかのモデルを組み合わせてコーディネートすれば、室内にモダンで美しいアクセントを与えられるでしょう。

    なかでもシングルソファのCH101と2人掛けのCH102はコンパクトに組み合わせやすく、リビングやオフィス、会社のロビーなどに最適です。

    モダンで程良くフォーマルな佇まいは、空間をシャープにまとめます。

    一方で幅約219cmのCH103と、幅約286cmのCH104はボリュームがあるため、複数人でゆったりと使いたい場合におすすめです。

    大型タイプではありますが、シャープでミニマムなデザインのため圧迫感は控えめです。

    CH101を含んだCH100シリーズの導入事例を紹介

    ここからは、CH101を含んだCH100シリーズのデザインや特性を生かした導入例を紹介していきます。

    CH100シリーズの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

    CH101はコーナーやくつろぎスペースのソファとして

    CH100シリーズのソファがある空間

    1人掛けのCH101は、コンパクトで多様なスペースにフィットするソファです。

    リビングや自室のコーナーをくつろぎスペースを変貌させるソファとして活躍します。

    ミニマムなサイズ感で1人暮らしの家でもリラックス空間を追求できるのが魅力です。

    圧迫感がないため、狭い空間にも設置できます。

    CH102はリビングやオフィスなどのおもてなしソファとして

    CH100シリーズのソファがある空間

    ゆったりとした2人がけソファのCH102は、空間に余裕のあるリビングやオフィスなどに設置するとよいでしょう。

    とくに1人掛けのCH101やローテーブルと組み合わせれば、程良いサイズ感のソファスペースを実現できます。

    来客の多い空間では、コミュニケーションのとりやすいおもてなしソファとして大活躍。

    シックなデザインなため、フォーマルな場面でも使いやすい点が嬉しいポイントです。

    CH103とCH104はロビーや広いリビングで使う大型ソファとして

    CH100シリーズのソファがある空間

    3人掛けのCH103と4人掛けのCH104は大型タイプのため、広い空間に配置する大型ソファとしておすすめです。

    とくに広いリビングやホテルのロビーなどに置くと、ゆったりとリラックスして使えます。

    複数人で快適に過ごせるソファスペースを作りたい場合におすすめです。

    優雅な時間を過ごせるCH101で非日常の世界へ

    今回は、デニッシュモダンデザインと高級感を兼ね備えたソファ・CH101を紹介しました。

    ミニマムな直線ラインと上質なレザーが設置空間をラグジュアリーに演出し、普段のリビングや自室に非日常的な雰囲気を与えます。

    優雅な時間を過ごすリラックス空間をタイムレスなソファでデザインしたい人は、ぜひCH100シリーズをチェックしてみてください。

      ABOUT US
      KJ設計士
      自然を愛する設計士。光や風、植栽を上手に取り入れる洗練させた空間提案が得意。実は一年中海に通うサーファーでもある。一見強面だが実は猫が好き。今日もお客様の喜ぶ顔を思い浮かべ、ペンを走らせる。