ペーパーコードが実用的で美しいワケ|特徴・魅力・お手入れ方法を解説

    北欧家具の椅子に、よく用いられる加工方法「ペーパーコード」。

    ペーパーコードとは簡単にいうと、樹脂を含ませてねじった紙紐のことです。

    デンマーク製が有名ですが近年は日本でも製造され、多くの人から愛されています。

    インテリア好きなら、一度は目にしたことのあるハンス・J・ウェグナーの名作「CH24(Yチェア)」の座面にも、ペーパーコードが施されています。

    この記事では、ペーパーコードの特徴やメリット、メンテナンス方法についてご紹介。

    知識を身に付けながら、北欧家具の魅力に迫りましょう。

    ペーパーコードとは?

    ペーパーコード

    ペーパーコードとは、樹脂を含ませた紙紐のことです。

    紙袋の紐に見た目が似ているので、すぐに切れてしまいそうなイメージですが、とても丈夫。

    ペーパーコードの繊維は長く破れにくいため、革や布張りと同じくらい耐久性に優れています

    紙袋の紐が薄い1枚の再生紙であるのに対して、ペーパーコードは天然パルプでできた紙を、3本ねじり合わせて作られています。

    ペーパーコードの歴史

    北欧で誕生したペーパーコード。

    生産されるようになったのは第一次世界大戦中で、当時は麦などを束ねるために使われていました。

    椅子の座面に用いられるようになったのは、1940年代頃からといわれています。

    植物の茎や葉を原料に作られた従来のものに比べ、品質が均一だったので、使用され始めました。

    ペーパーコードを使った家具としては、ボーエ・モーエンセンの代表作「J39」や、日本でも人気の高いハンス・J・ウェグナーの「CH24(Yチェア)」などが有名です。

    ペーパーコードの編み方は2種類

    ペーパーコードのチェア
    左:平編み 右:封筒編み

    ペーパーコードの編み方には、大きく分けて「封筒編み」と「平編み」の2種類があります。

    封筒編みは洋封筒の裏面の形で、CH24(Yチェア)やJ39などに見られる手法です。

    座面の中心が緩やかに凹んでいるため、ゆったりとした座り心地が特徴です。

    平編みは一般的に「鹿の子編み」と呼ばれるもの。

    ニットのように凹凸を作り出す編み方です。封筒編みに比べると、しっかりとした座り心地。

    実際の家具としては、デンマークのブランド「J.L.Mollers(JLモラー)」の「78アームレスチェア」などに使われています。

    ペーパーコードの5つのメリット

    ペーパーコードのメリットは耐久性だけではありません。

    この章では、その他のペーパーコードの魅力を5つご紹介します。

    汚れがつきにくい

    汚れが付きにくいのもペーパーコードのメリットの一つ。

    1本1本が蝋でコーティングされているため、水をはじきます。

    汚れが付いてすぐなら、拭き取るだけでキレイな状態に。

    お手入れ簡単なのが嬉しいですね。

    使い続けるほど体に馴染む

    ペーパーコードを使ったチェアは、使うほどお尻の形に馴染みます。

    初めは硬くても弾力があるため、少しずつ包まれるような座り心地へと変化。

    長時間、腰掛けていても快適なので、用途に合わせて椅子を使い分ける必要がありません。

    ダイニングチェアとワークチェアとの兼用として使っても良いでしょう。

    オールシーズン快適な座り心地

    ペーパーコードのチェアに座る人

    一年中、快適に使用できるのもペーパーコードの魅力です。

    編み目に隙間があるので通気性が良く、夏でも蒸れません。

    冬は暖房やストーブで温まった空気が通るため、座面がひんやりしにくく暖かい座り心地。

    一度使ったら手放せなくなりそうですね。

    軽いのでストレスフリー

    ペーパーコードのチェアは軽いため、日常の中のストレスを軽減できます。

    掃除機やモップを掛けるときも、片手でサッと持ち上げられるので家事がスムーズ。

    椅子を引いたときの音も少ないので、立ち座りも快適です。

    温もりを感じるデザイン

    ペーパーコードは実用性だけでなく、軽やかな見た目も魅力的。

    手仕事ならではの編み込みが、お部屋に温もりをプラスします。

    和テイストのインテリアとも相性が良いので、日本の住宅にも馴染みます。

    ペーパーコードを使ったチェアのメンテナンス方法

    お気に入りのペーパーコードのチェアは、長くキレイな状態で使いたいですよね。

    この章では、メンテナンスの方法を解説します。

    普段のお手入れ方法

    普段のお手入れは、掃除のついでに隙間に入ったほこりを掃除機で吸ったり、チェアをさかさまにして座面をはたけば十分。

    汚れがついてしまったら、すぐに対処できるなら水拭きで、ある程度は落とせます。

    汚れを放っておくとシミになったり、ホコリがこびりついてしまったりするので、スピーディーな対応が大切です。

    液体をこぼしたときの対処法

    コーヒーや醤油、ワインなどの液体をこぼしたときは、色がペーパーコードに染みこむ前に取り除きましょう。

    濡らした布で擦らず叩くように拭きます。

    このとき食器用洗剤は絶対に使わないでくださいね。

    防水・防汚加工を施していても、完全に水をはじくわけではないので、早めの対応が大切。

    専用のメンテナンス用品を使っておくと、より安心です。

    防水スプレーも汚れ防止につながりますが性質上、表面がツルツルしてしまいます。

    ペーパーコードならではの質感を味わいたい方は、使用を避けましょう。

    張り替えのタイミング

    ペーパーコードは張り替えることで、新品のようにキレイな状態になります。

    座り心地も復活するので、コードが緩んだり切れたりしたら交換しましょう。

    張替のタイミングの目安は10〜15年程度。

    使用する環境によっては、それ以上もつ場合もあります。

    張り替えをするときは専門のメーカーに依頼するのがおすすめです。

    なかには自分で張り替える方もいらっしゃいますが、手間と時間が掛かります。

    仕上がりの美しさを考えても、プロにお任せするのが安心でしょう。

    たくさんの魅力をもつペーパーコード

    ペーパーコードのチェア

    ペーパーコードが椅子に使われるようになって約70年。

    現在も多くの人から愛されているのには、たくさんの理由があります。

    気になるチェアがある方は、ぜひ実物に座ってみてください。

    時間を掛けて育てたくなるでしょう。

      ABOUT US
      だんご家具販売スタッフ
      雑貨と家具に興味があり、日々大好きなものに囲まれながら仕事しています。話すこと、食べることも大好きなので、接客の際に商品提案のお話だけでなく、お客様から美味しいお店の情報を仕入れることも大切にしています。