電気オーブンとガスオーブンの違いは何?特徴とメリット・デメリットを解説

    オーブンの購入を検討している方は、「電気オーブン」と「ガスオーブン」のどちらを選べば良いか迷ってしまうことが多いです。

    オーブンは熱の力で蒸し焼きを行う調理家電ですが、電気とガスでは、

    • 仕組み
    • 火力
    • サイズ
    • 値段
    • 焼き上がり

    が大きく異なります。

    この記事では、電気オーブンとガスオーブンの特徴や違い、両者のメリット・デメリットについてわかりやすく解説します。

    電気オーブンの特徴

    オーブンのあるキッチン

    電気オーブンは、電気で発生させた熱によって蒸し焼きを行う調理家電です。

    日本の一般家庭に広く普及しており、安全で扱いやすいという特徴があります。

    コンパクトな卓上タイプから大型のビルドインタイプまで非常に多くの種類があるので、サイズ・価格・性能を比較しつつお気に入りの一台を探せる強みがあります。

    電気オーブンのメリット

    オーブンのあるキッチン

    電気オーブンを使う一番のメリットは、なんといっても扱いやすいことです。

    コンパクトなサイズが多いので置き場所に困らず、どんなキッチン空間にもぴったりマッチします。

    ガスを使わないので安全性が高く、料理の初心者でも簡単操作で扱えるのが魅力。

    構造上熱が均一に回りやすい特徴があり、ムラなく焼き上げられるのもポイントです。

    【電気オーブンのメリットまとめ】
    • コンパクトな卓上タイプが多く導入が楽
    • コンセントが近くにあればどこでも設置可能
    • 火傷や火災のリスクが少ない
    • 日本人に馴染み深く簡単に操作できる
    • 焼きムラができにくく安定した仕上がりに

    電気オーブンのデメリット

    電気オーブンは手軽に蒸し焼き料理を楽しめる反面、ガスオーブンと比べて火力が弱く、本格的な料理を追求したい方にはやや不向きです。

    仕上がりは平均以上ですが、一部ジャンルの料理ではガスオーブンのほうが本格的な焼き上がりを実現できます。

    火力が弱く立ち上がりが遅いため、調理にも時間がかかります。

    稼働時間が長くなるぶん、ガスと比べて電気代が高くなりやすいのも特徴です。

    【電気オーブンのデメリットまとめ】
    • 火力が弱く立ち上がりが遅い
    • 余熱
    • 乾燥調理が苦手
    • 調理時間が長く焼き上がりがパサつきがち
    • ガスと比べて電気代が高くなりやすい
    • 容量が小さく少量の料理しか調理できない

    ガスオーブンの特徴

    オーブンでピザを焼いている様子

    ガスオーブンは、ガスによって発生させた炎で蒸し焼きを行う調理家電です。

    電気オーブンと比べてやや扱いが難しいものの、家庭で本格的な蒸し焼き料理を楽しめる特徴があります。

    広々としたキッチンを備えた諸外国でよく使われるオーブンで、大型タイプの種類が多め。

    そのため、日本の一般家庭にはあまり普及していません。

    ガスオーブンのメリット

    オーブン料理をしている様子

    ガスオーブンの魅力は、やはり火力の強さ。

    電気ヒーターで徐々に温度を上げていく電気オーブンに対して、ガスオーブンはガス燃焼による炎で温度を急激に上昇させます。

    火力が強いので調理時間を短くでき、「外はパリッと、中はジューシー」といった本格派の焼き上がりを追求できます。

    オーブンが立ち上がるまでのスピードも早く、余熱・乾燥調理をしやすいのも魅力。

    大型サイズなので、一度に大量の食材を調理することが可能です。

    【ガスオーブンのメリットまとめ】
    • 余熱の火力も強く幅広い料理に対応
    • 本物の炎でより本格的な焼き上がりに
    • オーブンの立ち上がりが早い
    • 電気代を安く抑えられる
    • 火力が強いので短時間でこんがり焼ける

    ガスオーブンのデメリット

    オーブン料理をしている様子

    ガスオーブンは本格的な蒸し焼き調理を楽しめる代わりに、導入するのが大変という難点があります。

    大型サイズが多いので価格は総じて高め。

    導入するにはコンセントに加えてガス栓が必要になるので、設置場所の制約は電気オーブンよりも大きいといえます。

    調理にガスを使用するため、安全性にも十分気を配る必要があります。

    「周辺に可燃物を置かない」「開け閉め時の火傷に注意する」など、扱いに注意が必要な場面が多くなります。

    【ガスオーブンのデメリットまとめ】
    • 大型サイズが多く設置場所を作るのが大変
    • コンセントとガス栓がないと設置できない
    • ガスを使用するため火元の管理には注意
    • 可燃性の物を避けて配置する必要あり
    • 庫内の温度が高く火傷には注意が必要

    結局どちらを選ぶべきか?

    電気オーブンとガスオーブン、それぞれにメリット・デメリットがあります。

    どちらを導入しようか迷っている場合は、

    • 料理へのこだわり度
    • 料理をする頻度

    の2つの観点で決めてみるのがおすすめです。

    「調理の手間や導入コストを惜しまずに、こだわりの蒸し焼き料理を作りたい」という方は、ガスオーブンが向いているでしょう。

    設置の手間は確実にかかりますが、電気オーブンでは再現しにくい本格派の蒸し焼き料理にチャレンジできます。ある程度のスペースを占有してしまうので、蒸し焼き料理を頻繁を作る家庭のほうが有効に活用しやすいです。ガス栓とコンセントの位置によっては設置できないケースもあるので、実際に導入を検討している方は設置方法や手順をよく確認しておくことが大切です。

    一方で、「手軽に蒸し焼き料理を楽しみたい」という方は、電気オーブンを選んだほうが満足度が高いでしょう。

    コンパクトで価格の安い商品が多くラインナップも多彩なので、自分の調理スタイルに合った一台を見つけられます。ハイエンドモデルであればガスオーブンに劣らない本格調理も可能なので、使いやすさ重視で選んでみるのも良いでしょう。

    Mieleのビルドイン電気オーブンの魅力

    ミーレオーブン

    「こだわりの料理を手軽に作りたい」という方におすすめなのが、創業120年の歴史を誇るドイツの家電メーカー「Miele」が展開する電気オーブンです。

    Mieleのオーブンラインナップは、ほぼ全ての機種がビルトインタイプ

    数多くの独自機能と多彩な調理プログラムを備えており、ガスオーブンに引けをとらない本格派の料理を簡単に作れる魅力があります。

    豊富な調理プログラムで本格料理を簡単に作れる

    ミーレオーブン

    Mieleの電気オーブンは、どんな料理にも対応できる多彩な調理プログラムを備えています。

    タッチパネルに表示される調理メニューを選択するだけで、食材に応じた最適な蒸し加減を自動的に調節。

    蒸気の力で外側をこんがりと焼き上げる「モイスチャープラス」や、お菓子作りに最適な「乾燥プログラム」など、幅広い選択肢が用意されています。

    ガスオーブンのような焼き上がりを実現するモードもあり、家庭で手軽にプロの味を作り出せます。

    ビルドインならではの大容量調理スペース

    ミーレオーブン

    Mieleのオーブンラインナップは、ほぼ全てが大容量のビルトインタイプ。

    コンパクトな見た目ながら容量はかなり大きく、大型のガスオーブンと同じく大量の食材を調理できます。

    オーブン内には5段の棚を設置できるので、段ごとに異なる食材を調理できるのも嬉しいポイント。

    ビルドインタイプなので、上下左右に別の調理家電を配置することもでき、カスタマイズの幅は相当広いです。

    プロの料理人も愛用する機能美とデザイン性

    ミーレオーブン

    Mieleの電気オーブンは、「手軽さ」と「こだわり」を両立した万能アイテム。

    手間暇をかけずにワンタッチで本格調理が可能なので、プロの料理人や料理研究家の方にも愛用者が多くいます。

    デザイン性に優れることからおしゃれなインテリア空間を作りやすく、様々なジャンルのアーティストにも人気が高いのも特徴。

    たくさんのインスピレーションを得られる「Miele」の電気オーブンを導入すれば、料理の時間が一段と楽しくなるでしょう。

    特徴を抑えて自分に合ったオーブンを選ぼう

    オーブンで料理をしている様子

    この記事では、電気オーブンとガスオーブン、それぞれの特徴や性能の違いについて紹介しました。

    メリット・デメリットがはっきりしているので、しっかりと特徴を抑えてから選ぶのがおすすめです。

    自身の料理スタイルによってどちらが良いかは異なるので、今の生活と照らし合わせながら考えてみましょう。

      ABOUT US

      KAORIインテリアプランナー
      シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。