良質な光で照らす「PH 2/1 ペンダント」とは?魅力や導入事例を紹介

    PH 2/1 ペンダントは北欧家具のなかでも人気がある照明。

    機能的でクラシカルな美しさがあり、雑誌やテレビなどで見たことがある人も多いでしょう。

    発売から60年以上経った現在でも世界中でヒットし続け、カフェやレストラン、おしゃれな雑貨屋さんなどで使われています。

    乳白色のガラスで作られた3枚シェードは高級感あふれるフォルムです。

    この記事では時代を超えて愛されているPH 2/1 ペンダントについて紹介します。

    PH 2/1 ペンダントとは?

    PH2-1

    PH 2/1 ペンダントはデンマークの照明器具メーカー「Louis Poulsen(ルイス・ポールセン)」から販売されているペンダントライトです。

    デザイナーはポール・ヘニングセン。1925年から1926年にかけて作られ、一度販売が終了したのちに1998年にリデザインされ復刻発売されました。

    名前の「PH」はデザイナーのポール・ヘニングセンの頭文字です。

    「2/1」は前の数字がトップシェードの大きさ直径20cmを表し、後ろの数字はミドル+下部シェードのサイズを示しています。

    3枚シェードのPHランプのなかで最小サイズ

    PHシリーズのペンダントライト

    PH 2/1 ペンダントは直径20cmで、現在販売されている3枚シェードのPHランプのなかで最小サイズとなっています。

    大きすぎず主張し過ぎないサイズのため、テーブルやカウンターなどの上に複数吊り下げて使うのにピッタリです。

    また低い位置に吊り下げたときに邪魔にならないコンパクトなサイズ感で、限られたスペースを広く見せる方法としても有効に使えます。

    眩しさを感じることのない、計算し尽くされたやさしい光

    PH2-1のシェード

    PH 2/1 ペンダントは発売当時、白熱電球が使われていましたが、現在はLEDに対応しています。

    シェードはフロスト加工が施されたきめの細かい乳白色のため、眩しさを感じず気持ちのよい光が手元にまんべんなく当たるように考えられています。

    夏のやわらかなスカンディナヴィアの光を、暗い冬にも反映させたい」との考えでデザインされました。

    また巻貝のカーブを応用した「対数螺旋」と呼ばれる形のシェード。

    内側で光が一度反射することで、やわらかなライトに変貌します。

    とはいえ一般的な照明よりも明るく感じられ、たとえば読書をしたり料理をおいしく見せたりと、さまざまなシーンで活躍するでしょう。

    クラシカルで格調高いフォルム

    PH2-1

    PH 2/1 ペンダントのシェードは機能を追求した形でありながら、洗練された優雅なフォルムを描いているのが魅力です。

    灯りを点けたときも消したときも古典的な美しさを放つデザイン性で、世界中の人たちから現在に至るまで長く愛され続けています。

    シェードの色は乳白色のみですが、ソケットカバーは伝統的な「シルヴァー・クローム」のほか、2017年から「ブラック・メタライズド」、2019年からは「真鍮メタライズド仕上げ」が加わり3色から選べるようになりました。

    カラーで遊べる「PH 5」も空間に映える

    カラフルなPH5

    PH 5」は1958年に発売され、現在でも定番の名作照明として知られています。

    PH 2/1 ペンダントとの違いはその色数の豊富さ

    定番のクラシック・ホワイトのほか、13種類のカラーバリエーションがあります。

    色は圧迫感のないグラデーションを採用しており、上からだんだんと薄くなっているのが特徴です。

    メインシェードの直径が50cmで、ダイニングなどに一つ配置することで存在感のある美しさを放ちます。

    PH 2/1 ペンダントの導入事例を紹介

    北欧デザインのおしゃれなライト、PH 2/1 ペンダントの導入事例を紹介します。

    小さなダイニングテーブルにホッとする灯り

    ダイニングにつられたPH2-1

    シンプルで温かみのあるPH 2/1 ペンダントは、2人暮らしの小さなダイニングテーブルに低くセッティングするのがおすすめ。

    やわらかく明るい光が、テーブルに並んだ料理をおいしく見せてくれます。

    話がはずんで食後もコーヒーやお酒を飲みながらゆっくりと二人の時間を過ごせそうですね。

    1人用のソファスペースに

    リビングにあるPH2-1

    1人暮らしならソファの横にテーブルを置いて、PH 2/1 ペンダントを付けてはいかがでしょうか。

    おしゃれでレトロな形のペンダントライトを1つ配置するだけで、部屋に北欧の空気を運んでくれます。

    読書をしたり日記を書いたりと、趣味の時間も手元をやさしく明るく照らしてくれるPH 2/1 ペンダントで、大切なくつろぎタイムを充実した時間にしましょう。

    寝室の照明に

    PH 2/1 ペンダントの柔らかな光は寝室の照明にもぴったりです。

    テーブルランプも素敵ですが、PH 2/1 ペンダントは下から見上げても眩しくないので、スムーズに眠りに入っていけるでしょう。

    大きなダイニングには2つ並べて

    ダイニングにつられたPH2-1

    大家族のダイニングテーブルに大きな照明を1つ付けると、端のほうがどうしても暗くなりがちですね。

    小さなPH 2/1 ペンダントを2つ並べれば、どの席に座っても明るく手元を照らしてくれます。

    2つ並んだPH 2/1 ペンダントは明るいだけでなく、その存在感は部屋を洗練された印象に変える実力を持っていますよ。

    キッチンに多灯吊りで

    PH2-1が複数吊られたキッチン

    横に長いキッチンにPH 2/1 ペンダントを複数つければ、どの場所で料理をしても手元が明るくなります。

    火を使うコンロの上は高めに、まな板を使う作業台の上は低めにと高さを変えれば、見た目もおしゃれで機能的です。

    PH 2/1 ペンダントで北欧らしい空間を実現してみよう

    PHシリーズが置かれたLDK

    この記事では機能的でありながら、格調高いクラシカルな美しさのPH 2/1ペンダントについて紹介しました。

    お店やオフィスだけではなく、ご家庭のダイニングやキッチンにもなじむ穏やかでグレア・フリーのライトです。

    おうち時間が増えて家族と過ごすことが多くなった室内に、おしゃれな北欧照明をつけてソフトで明るい空間にしましょう。

      ABOUT US

      KAORIインテリアプランナー
      シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。