外壁で植物を育てる壁面緑化|緑豊かな壁をつくるポイントとは?

    建物の外壁に植物を這わせる「壁面緑化」。

    外から見える壁を使ってグリーンを育てることで、周辺の庭と差を付けられるのが魅力です。

    この記事では、壁面緑化の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

    おすすめの「つる植物」もまとめているので、外観をナチュラルな雰囲気に仕上げたい人は、ぜひチェックしてくださいね。

    外壁で植物を育てる壁面緑化

    「壁面緑化」とは名前の通り、家の外壁を使用してつる植物を育てる方法です。

    壁全体を覆ったり、壁の一部だけに植えたりします。

    「緑のカーテン」や「グリーンカーテン」とも呼ばれ、夏の暑さ対策や、外からの目隠しを目的として育てる場合もあります。

    壁面緑化のメリット

    壁面緑化には、いろいろな魅力があります。

    この章では、外壁を使って植物を育てるメリットを紹介します。

    省エネ効果が期待できる

    外壁を植物で覆うと、省エネ効果が期待できます。

    直射日光を防ぎ、外側の壁の温度が上がりにくくなるので、室内の暑さ対策にぴったり。

    紫外線による建物の劣化の防止や、冷房費用の節約につながります。

    冬場は植物の蒸散が乾燥を防ぎ、部屋の中を暖かく保てるのも嬉しいポイントです。

    おしゃれな見た目

    おしゃれな見た目も、壁面緑化の魅力。

    グリーンで覆われた壁は外からも目に入るため、季節感や個性を演出できます。

    また緑を眺めることで、リラックス効果も見込めます。

    花が咲くタイプの植物を選んで、香りを楽しむのも良いですね。

    壁面緑化のデメリット

    壁面緑化には良い面だけでなく、いくつかのデメリットも存在します。

    一度壁を植物で覆うと途中で止めるのが難しくなるので、注意点をしっかり押さえておきましょう。

    コストが掛かる

    壁面緑化をするには、それなりにコストが掛かります。

    まず外壁が傷むのを防ぐための、ネットやワイヤーを設置する初期費用が必要です。

    そのほかに維持費や害虫駆除、除去するときの費用なども掛かります。

    メンテナンスが必須

    壁面緑化に限らず、植物を育てるとなると、小まめなお手入れが欠かせません。

    伸び放題は見た目の美しさを損なうだけでなく、屋外機器の破損や雨漏りの原因にもつながります。

    水やりはもちろん、適切なタイミングで肥料をあげたり、剪定(せんてい)をしたり、虫が付いたら駆除をしたりしなくてはなりません。

    壁面緑化にトライするのであれば、小まめにメンテナンスできる時間や気持ちの余裕が大切です。

    周囲への配慮が必要

    外壁を植物で覆う場合は、近隣への配慮も必要です。

    落ち葉や虫の発生で、隣接している家に迷惑をかける可能性があります。

    薬剤を使うときには事前に知らせるなど、周囲への気配りを忘れないようにしましょう。

    壁面で育てる植物選びの3つのポイント

    壁面緑化する場合、キレイな状態を保ちやすい植物を選ぶのが良いでしょう。

    この章では、外壁で育てる植物を選ぶときの3つのポイントを解説します。

    1:年中緑が続く常緑植物を選ぶ

    どれを選ぼうか迷ったら、常緑植物がおすすめです。

    1年中葉が緑の状態が続くので、冬も美しい景観を保てますし、目隠ししたい場合にも向いています。

    特に、お手入れが簡単で葉っぱが密集している「ヘデラ類」は、壁面緑化の初心者にも最適です。

    2:植え替えまでの期間が長い多年草を選ぶ

    植え付けから花や実、種を付けるまでの流れを2年以上繰り返す「多年草」なら、植え替えまでのサイクルが長いのでお手入れが楽チン

    毎年花や香りを楽しめるクレマチスや、トケイソウなどの品種を選ぶと、季節感が味わえます。

    3:外壁の高さに合わせて選ぶ

    外壁の高さに合った植物を選ぶのもポイント。

    高い所までしっかりと緑で覆いたい場合は、ハツユキカズラやトケイソウ、ムベなど高く登っていくものや、葉が密集しやすいグリーンが向いています。

    外壁におすすめのつる植物5選

    外壁を緑で覆うなら「つる植物」がおすすめです。

    自力で這い上っていくため、壁面で育てるのに向いています。

    この章では、種類豊富なつる植物の中から、初心者さんも育てやすいおすすめの品種を5つ紹介します。

    1:壁面緑化の定番ヘデラ

    アイビー
    Photo by Carolina Betancur on Unsplash

    壁面緑化の定番ともいえるヘデラ。「アイビー」とも呼ばれ、ガーデニングや観葉植物としても人気が高いグリーンです。

    お手入れが簡単なので初心者にもぴったり。

    密集性が高く、1年中緑の葉が楽しめるため、目隠しとして壁面緑化を考えている人にも向いています。

    ヘデラには約500種類以上もの品種があり、葉の大きさや色はさまざまです。

    見た目の好みや成長速度の早さで選びましょう。

    2:美しい紅葉が魅力のナツヅタ

    大きめの葉っぱが特徴的なナツヅタ。

    阪神甲子園球場のシンボルとして有名な植物です。

    落葉植物なので冬には葉が落ちますが、秋には美しい紅葉を楽しめるのが大きな魅力

    補助材を使わず直接壁に這わせられるので、手間が掛からないのも嬉しいポイントです。

    3:目隠しにおすすめのキヅタ

    キヅタはナツヅタと異なり、冬も緑の葉を楽しめるため「フユヅタ」とも呼ばれています。

    葉っぱにツヤがあるので、目隠しとして壁面緑化したい場合にもおすすめです。

    成長はヘデラ類より遅めですが、夏の暑さや冬の乾燥に強く丈夫なので、育てやすい品種といえます。

    4:小さな花が可愛らしいテイカカズラ

    テイカカズラ
    Photo by Raphael Wild on Unsplash

    花を楽しみたい方には、テイカカズラがぴったり。

    初夏に白やピンクの花をたくさん咲かせるので、外壁が華やかな雰囲気に仕上がります。

    秋と冬には紅葉を楽しめるのも魅力。

    夏の暑さに強いので、グリーンカーテンにも向いています。

    ただし、水切れには注意が必要。

    テイカカズラは水分が多く含まれている土を好みます。

    水持ちが良い土を使ったり、腐葉土や堆肥をたっぷり使用したりするなど、水持ちが良くなるよう工夫しましょう。

    5:明るいオレンジの花を咲かすノウゼンカズラ

    ノウゼンカズラ
    Photo by Jerry Wang on Unsplash

    真夏に鮮やかなオレンジ色の花を咲かす、ノウゼンカズラ。

    強い日差しを好むため、1日中太陽の光が当たる場所で育てましょう。

    成長速度が早いため、早期の壁面緑化を目指す場合にもおすすめです。

    つるが良く伸びるので、放っておくと庭中に広がり、収拾がつかなくなる可能性も。

    冬に剪定するときに、好みの長さにカットする必要があります。

    緑に囲まれた外壁でガーデニングの幅を広げよう

    この記事では、外壁を使って植物を育てるメリット・デメリットや、おすすめのグリーンについて紹介しました。

    手間や費用は掛かりますが、省エネや癒し効果といった魅力もたくさんあります。

    ガーデニングが好きな方は、ポイントや注意点を押さえて、壁面緑化にトライしてみてくださいね。

      ABOUT US
      だんご家具販売スタッフ
      雑貨と家具に興味があり、日々大好きなものに囲まれながら仕事しています。話すこと、食べることも大好きなので、接客の際に商品提案のお話だけでなく、お客様から美味しいお店の情報を仕入れることも大切にしています。