教授のために作られた椅子|オックスフォードクラシックの魅力とデザイン性

    オックスフォードクラシックは、1965年にイギリスの大学「セント・キャサリンズ・カレッジ」に向けて、アルネ・ヤコブセンがデザインしたチェアです。

    特徴は高めに設定された背もたれで、空間に程良い上品さと重厚感をプラスできます。

    この記事では、オックスフォードクラシックの魅力や特徴を詳しく解説します。

    オックスフォードクラシックとは?

    オックスフォードクラシックは、北欧家具の名作を数多く生み出したアルネ・ヤコブセンがデザインしたチェアの一つです。

    1965年にイギリスの大学「セント・キャサリンズ・カレッジ」に向けて、教授用の椅子として製作されました。そして後にオックスフォードシリーズへと発展を遂げます。

    はじめに会議室向けに作られたモデルよりも背もたれが低いアーム付きのタイプも登場。

    優雅なラインを描くシェルやスタイリッシュなアームレストはその後も進化を続け、復刻に至ります。

    またアルネ・ヤコブセンは同校の拡張工事も任され、造園や家具のデザインも担当しました。このプロジェクトが完成したことにより多大な貢献を認められ、オックスフォード大学から名誉博士号を授与。

    セント・キャサリンズ・カレッジのトータルデザインは、アルネ・ヤコブセンが手掛けた中でも特に大きな功績を残し、フリッツ・ハンセンの代表作となりました。

    気品漂う高めの背もたれが印象的

    オックスフォードクラシックの特徴は、高めに設計された背もたれです。

    気品漂うデザインが、特別感のあるプライベート空間を演出。

    体に沿うよう設計された緩やかなカーブによって、快適な座り心地を実現しています。

    発表された当時は背もたれと座面が一体化された合板でしたが、現在はファブリックやレザーで覆ったタイプになり、よりラグジュアリーな雰囲気に進化しました。

    オーダーメイド感覚で選べる豊富なバリエーション

    オックスフォードクラシックは、オーダーメイド感覚で選べる豊富なバリエーションに定評があります。

    張地の種類だけでなく、アームとキャスターの有無や背もたれの高さなど、機能面も自分好みにアレンジできます。

    デスクチェアとして使うなら、回転機能が付いた5スターベースタイプがおすすめ。丈夫なダブルキャスターによって、床の種類を問わず滑らかに移動できます。

    特徴が異なる2種類のモデル

    6脚のオックスフォードプレミアム

    モデルはそれぞれ異なる魅力をもつ「クラシック」と「プレミアム」の2種類から選べます。

    クラシックタイプ

    レッグとアームにはアルミを使用しており、スタイリッシュな印象に仕上がっています。張地はどちらもファブリックまたはレザーから選ぶことが可能。 本体の色や素材によって部屋全体のイメージが大きく変わるので、時間をかけて納得のいく組み合わせを選びましょう。

    プレミアムタイプ

    オックスフォードクラシックのリニューアルモデルで、よりラグジュアリーな印象に仕上がっています。

    クラシックとの一番の違いは、座ったときの柔らかさ。

    厚手のフォームを使用しており、ワンランク上の座り心地を実現しています。横に入ったステッチはデザインのアクセントとしてだけでなく、耐久性や使用感を向上させる役割も担っています。

    長時間作業をする方や、座り心地にこだわる人にはプレミアムがおすすめです。

    とはいえ、どちらのモデルも腰掛けるだけで優雅な気分を味わえるので、見た目・機能性・予算などを考慮して、ライフスタイルに合ったタイプを選ぶと良いでしょう。

    使用場所や用途に合わせて選べるキャスター

    仕事部屋

    キャスターは4種類から選択可能です。

    硬い床にはダブルソフトキャスター、柔らかいフロアで使用するならダブルハードキャスターなど、使う場所に合わせて選べます。

    それぞれのタイプでストッパーの有無を選べるので、理想の使用感を追求することが可能に。

    オプションとしてミラークローム仕上げのアームやベース、革張りアームパッドも選択可能なので、自分好みにカスタマイズして楽しむのも良いでしょう。

    ヤコブセンがデザインに携わった「セント・キャサリンズ・カレッジ」

    北欧家具が好きな人なら、ぜひとも知っておきたいのがイギリスの大学「セント・キャサリンズ・カレッジ」。

    1962年に設立したこの建物には、アルネ・ヤコブセンのデザインが大きく反映されています。

    家具はもちろんのこと、庭園の木の高さや魚の種類まで指定するというこだわりよう。

    オックスフォードクラシックはもちろんのこと、図書館には「スワンチェア」、食堂には「セブンチェア」など、彼の代表的な作品があらゆる場所で活用されています。

    彼のデザインへのこだわりが詰まったセント・キャサリンズ・カレッジは、まるで北欧家具デザインの展覧会のようです。

    オックスフォードクラシックはデスクチェアに最適

    デスクに合わせたオックスフォードクラシック

    オックスフォードクラシックはもともと教授用の椅子としてデザインされたため、デスクチェアとして使用するのに向いています。

    手持ちのデスクに合わせるだけで重厚感がプラスされ、特別感のあるワークスペースが完成。

    長時間作業にも耐えうる快適性と座り心地を実現しており、作品単体として見ても美しいことから、仕事のモチベーションアップにつながりそうですね。

    風格あるオックスフォードクラシックで空間をランクアップ

    高い背もたれが印象的なオックスフォードクラシック。

    気品と威厳が漂う佇まいは、ワークスペースやプライベート空間の使用に最適です。

    良質なデスクチェアを探している方は、ラグジュアリーなデザインと快適な座り心地を実際に体感してみてください。

      ABOUT US

      KAORIインテリアプランナー
      シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。