北欧家具と床の色を合わせるならメリハリが大切!コーディネートのコツ

    部屋の中でも面積の大きい床や壁は、インテリアの土台です。

    相性の良い北欧家具や色を組み合わせることで、ワンランク上のコーディネートに仕上がります。

    この記事では、床や壁の色に合わせて北欧家具を選ぶ方法や、色合わせのコツについて解説します。

    シンプルかつ温もりを感じる北欧インテリア

    北欧インテリアは、シンプルながらも温もりを感じるのが特徴的です。

    冬が厳しいため、室内で過ごす時間が長いことが影響しています。

    「室内でも自然の温かみを感じながら、快適に暮らしたい」という考え方が、家具やインテリアに反映しているのです。

    そのため北欧家具は、木やファブリックなど天然素材を使ったものや、飽きがこないスッキリとしたデザインが多い傾向があります。

    ベースカラーは明るめが理想的

    北欧インテリアに仕上げるなら、ベースカラーを白や明るめのベージュ、ブラウン、ライトグレーなどでまとめましょう。

    どんな色にも馴染むので、面積の広い部分に取り入れれば、家具や雑貨とのコーディネートがしやすくなります。

    これから家を建てる場合や、物件を探す方は「明るめ」を意識して選ぶと良いでしょう。

    床の色が好みと異なる場合の裏技

    ラグの敷かれたリビング

    賃貸物件などで床の色が理想と異なる場合は、ラグやファブリックを活用することでカバーできます。

    「黒いフローリングはモダンテイスト」など、決めなくても大丈夫です。

    ラグと家具の色をつなぐと、統一感が生まれます。

    オフホワイトやベージュ、ライトブラウン・ライトグレーなど、明るめのベースカラーを選びましょう。

    カラフルな色や大胆な模様のラグで、床を覆っても良いですね。

    床の色に合わせて家具を選ぶときのポイント

    床と家具を一緒にコーディネートするときは、のっぺりとした印象にならないよう注意が必要です。

    それぞれの色を合わせすぎると単調になり、空間があか抜けません。

    また床の色が濃い場合、家具もダークトーンを選ぶと、部屋全体が暗い印象になってしまいます。

    目が覚めるようなビビッドカラーをポイント使いしたり、デザイン性のあるペンダントライトを吊るしたり、大きめの観葉植物を配置したりして、メリハリを付けましょう。

    ワントーン明るい家具を選ぶ

    落ち着いた雰囲気のダイニングキッチン

    コーディネートのアクセントとして、ワントーン明るい家具を選ぶ方法があります。

    ホワイトより床に馴染む、明るめのブラウン系の家具がおすすめです。

    適度にグラデーションをつくることで、空間に立体感が生まれます。

    異素材を組み合わせる

    ダイニングキッチン

    異素材をミックスするのも、テクニックの一つです。

    床の木目に合わせて、すべて木製家具を選んでしまうと単調になりがち。

    白い天板のテーブルやスチール脚、プラスチックのスツールなどを取り入れると、軽やかな印象に仕上がります。

    北欧らしい色を使いこなす

    北欧インテリアの特徴の一つに色使いがあります。

    面積の広い部分はシンプルにまとめ、小物やファブリックで色や柄をプラスすると、一気にセンスアップ。

    色のトーンを合わせると、複数のカラーを組み合わせても、ゴチャゴチャして見えません。

    ナチュラル×アースカラー

    ナチュラルテイストの家

    木製家具をメインに取り入れた北欧ナチュラルテイストに仕上げるなら、アースカラーがおすすめです。

    ブラウン、グリーン、ブルーといった北欧の自然を連想させる色をファブリックなどで取り入れれば、落ち着いた空間が完成。

    観葉植物をレイアウトすると、よりナチュラルな雰囲気に仕上がります。

    モダン×アクセントカラー

    ブラックやグレー、ホワイトをベースに使った北欧モダンインテリアには、ビビッドカラーが似合います。

    イエローやレッド、グリーンなど発色の良いカラーをプラスしましょう。

    重たくなりがちなコーディネートが一気に華やかな印象に。

    テキスタイルは幾何学模様が、おすすめです。

    キュート×パステルカラー

    ナチュラルテイストの家

    北欧スタイルを少し可愛らしくアレンジしたいなら、パステルカラーが最適。

    部屋全体を淡いトーンでまとめると単調になりやすいので、小物使いでカバーしましょう。

    麻やウールなど、起毛感のあるラグやクッションカバーをプラスすれば、表情が豊かになります。

    【床色別】北欧家具のコーディネート実例

    この章では、床の色別に北欧家具のコーディネートアイデアをご紹介します。

    ホワイト

    ホワイトの床の家

    スッキリとした印象のホワイトの床。

    家具の色を絞ると、統一感が出てスタイリッシュな仕上がりに。

    ところどころにグレーやベージュを入れて真っ白になりすぎないよう意識しましょう。

    温もりが欲しいときは木製家具、モダンなテイストがお好みなら、モノトーンの家具がおすすめ。

    ただし黒のアイテムを使うときは、重たくなりすぎないよう、間にグレーを入れて調節してくださいね。

    ブラウン

    ダークブラウンの床の家

    ブラウン系の床は、どんな家具も合わせやすい万能カラー。

    柔らかい雰囲気にまとめたいときは明るい色、落ち着いたトーンにするならダークブラウンの家具がおすすめです。

    観葉植物のグリーンをアクセントにしても良いですね。

    クールにまとめたいときは、レザーのソファやチェアを合わせるのがおすすめ。

    空間全体が引き締まります。

    ラグを合わせるなら床より少し明るめの色を選ぶと、部屋が広く見えます。

    グレー

    天井の高いリビング

    グレーの床は、スタイリッシュな雰囲気が漂います。

    ガラスやスチールなど、無機質な素材の家具を合わせて、大人っぽくまとめるコーディネートが似合います。

    木製家具などブラウンのアイテムを組み合わせれば、北欧ナチュラルテイストを楽しむことも可能です。

    ベージュ系のラグを敷くと、統一感がアップします。

    ブラック

    フォーマルな印象のブラックの床。

    家具を選ぶときは色のバランスが重要です。

    ダークトーンを使いすぎると、部屋全体が暗い雰囲気に。

    グレーやホワイトの家具で調節したり、アクセントカラーを活用したりして、軽やかさをプラスしましょう。

    メリハリを意識して表情豊かな北欧インテリアに仕上げよう

    ダイニングキッチン

    この記事では、床や壁の色に合わせて北欧家具を選ぶ方法や、色合わせのコツを解説しました。

    家具の色を合わせすぎないよう意識したり、小物やアクセントカラーを活用したりすれば、センスの良い北欧インテリアが完成します。

    好みのテイストやテーマカラーを決めて、自分らしい空間をつくってみてくださいね。

      ABOUT US
      KAORIインテリアプランナー
      シンプルテイストな空間デザインを得意とするインテリアプランナー。ものづくりの現場好きが高じて2級建築士も取得。女性ならではのきめ細やかな提案を心がけています。心地よい空間に身を置くこと、きれいな景色を眺めることが何よりの癒し。ストレス解消は美味しいものを食べること!料理も大好きです。